FC2ブログ

柔和な構造(3)

baby.jpg
(ムーニ-マン:みんな昔はガキでした)

よく 「子供」が 2階のベランダからおちても
無傷だったということを聞きます

「大人」だったら間違いなく大怪我をしています

いったい何が違うのでしょうか?

やはり 構造的には弱く 柔らかいにもかかわらず
こちらのほうが結果として 怪我をしません

力めない」分だけ部分にかかったストレス(落下の衝撃)を
全身に散らしてしまうのです
脱力」が自然と出来るためにこのようなことが可能になります

大人はそうはいきません

外力に対してすぐに「力んでしまいます」
結果 カラダが硬直してしまい
部分にかかったストレス(衝撃)をもろに局部的に受けてしまいます
「脱力」反応が出来なくなっているのです

よく 「気功」家は 「赤ちゃんの姿勢から学べ」 と教えられます

全身が「脱力」されていて その結果として「丹田」だけに力点がある状態です

「力み」はフォノグラムでは「渦」で現れます
力の支点が丹田以外にあるとき「意識」はこの状態を
「苦しい」と認識するようです

その状態もまた フォノグラムに現れます

フォノグラムは 丹田にあるべきはずの「力点」がどれだけそこから離れているかを
表わしているともいえます

病名や症状が何であれ
全身に散らばった力の支点を 丹田に集めさえすれば
カラダのほうは楽になっていきます

大人でも 赤ん坊と同じフォノグラムの状態に
カラダをリセットすることが出来れば
肉体(血)を構成することによって失われた
「柔らかさ」(気)を取り戻すことが出来ます

肉体(物質の相)が成長することによって失われてしまった「全身性の機能」
これこそが「気」という概然にふさわしいと思います


いままで 暗に「気」という言葉を避けてきましたが
それは ちまたで使われている「気」の概然に違和感を感じてしまうからです

われわれはフォノグラム(音の図形)の研究を進めることによって
「気」という現象の まったく新しい解釈の枠組みを
生み出そうとしているのかもしれません
fig492.jpg
(生体のフォノグラム)
 
はじめての方へ *本ブログの内容説明


クリック お願いします





スポンサーサイト



Comment

意識をするのではなく、意識を解こうとするところに脱力、丹田に力が収束を始めることに繋がるんですね。

  • 2011/10/01 00:39
  • ohsho改めpono
  • URL
意識という現象は 先にあるのではなく
結果だということ
原因のほうは意識以前です 
  • 2011/10/01 01:16
  • 磐座(イワクラ)のおにょ
  • URL
意識を解こうとする も意識です
どうしましょう?
  • 2011/10/01 11:48
  • 磐座(イワクラ)のおにょ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)