FC2ブログ

ホワイトノイズと時間(3)

「語りえぬものについては、沈黙しなければならない」
           (ルードリッヒ ウィトゲンシュタイン)

われわれはロゴス以前を直感的に知っています

ただ言葉に出来ないのです

「赤ん坊」はしゃべることが出来ないだけで
それを知っています

45004778_ff21e5f26c.jpg


イルカは「言語野」が発達しなかったため言葉を持っていませんが
人間よりも知能が高いといわれています

男性は女性よりも理知的ですが
女性は男性よりも生命の根源に近いです

ロゴス」をつかさどるセンターは「」でしょう

人間にはもう一つ脳があります

生命知」をつかさどるセンター 「丹田」です


よく女性は子宮でものを考えるといいますが

「丹田」を使って相手をモニターしているのです(無意識にですが)

「安心」がなにかを本能的に知っているのです

存在だけで女性や子供を安心させられる男性はすごい男性です

これがフォノグラムに現れます

フォノグラムは 「丹田」からのエネルギーの「偏差」を映し出します
そして その「偏差」の表れのひとつが「ロゴス」なのです

ロゴス以前のもの 

私の知る限り 「フォノグラム」がそうです

「フォノグラム」は「言葉」ではありません
ある種の「運動」の軌跡であり
それを重ね合わせた「図形」であります
ここでいう「運動」とは 音を聞いて同じ音のラインを書き取るということです

フォノグラムは「意識」と「無意識」の境界領域で起こる現象です
「意識的」に操作することができますが それは「ロゴス」以前のものです


しかし「フォノグラム」を理知的に説明しようとすると
ロゴスで説明するしかないのです( ジレンマ!!)

そして それは可能なことなのか?

わたしは「沈黙」しない道を「模索」しています
それが「科学」の進歩であることを信じて


IMG_0013666.jpg


スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)