FC2ブログ

チャクラ新説

68036.jpg

チャクラという言葉を聞かれた方は多いと思います
しかしその実態は明らかにされていません
インドではチャクラ 中国では丹田 日本では下っ腹?

世界中のさまざまな文化の中に その痕跡が見当たります
最近流行のスピリチュアリズムやオカルトなどでさまざまな説明がされていますが
すべて観念論で実態を相手にしていません
(ちなみに わたしはそういった話(連中)が好きではありません )


楽器製作や 身体のフォノグラムを研究しているうちに
このチャクラの概念はフォノグラムの不動点ではないかと思うようになりました

下の画像はお化けかぼちゃ(ケメンチェ型)です 依然にアウトラインの研究で出てきたものです
無題_convert_20110719224413
このお化けかぼちゃ(ヴィオラダモーレ)はよく見ると
なんだか 人型を模した物に見えてきませんか?
この楽器は 小さい太鼓がたくさん同居していて
一つの大きな統一体にまとめることが出来ない
ということを見てきました
人間の体もいろいろな楽器の複合体と見ることが出来ます
頭部 頚部 胸部 腹部 下腹部 などなど
小さな楽器が 一つにまとまらずに
部分振動している状態です

よく チャクラを開発すると シッディー(超能力)が開発されると説明されていますが
フォノグラム研究では部分振動は鳴らない楽器になってしまいます

シッディーはいわば歪みであり
統一された状態ではありません

統一された状態は 丹田だけに不動点がある状態
です
楽器製作においては このときのみ すべての音を含むことが出来ます

安心立命の心で楽器を創ることができたなら
その楽器はどんな楽器でしょう
弾けば 元気になってしまうような楽器

そんな楽器を造りたいのです

楽器製作 フォノグラムの研究は このような領域まで科学の領域を広める
端緒になる可能性を秘めています

まだフリンジですけど いつか。。。。。


スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)