FC2ブログ

母元病 (遺伝するフォノグラム)

10112150105_convert_20110814030846.jpg
昔 ある喘息のお子さんの手のひらのフォノグラムを取ってみました
次に その子のお母さんのフォノグラムを採って調べました
すると面白いことに ほとんど同じ図形パターンが現れました
これが何を意味するかというと
子供は一番近くにいる人のコピーをしているだけだということです
良いとか悪いとか まだ学んでいない状態(未生以前)では
近くの人をただコピーするのです
(子供は意味もわからずに大人のしぐさを真似ます)
当然 歪みも取り込んでしまいます 愛情があればあるほどに

ここに親子の因縁のようなものを感じてしまうのですが

子供の病気は 親が作り出しているということです
親が自分の子供に病気をコピーさせて
一生懸命 子供に薬を処方する訳です
実際に 母元病という言葉があります
母親から引き離すと 子供の病気の症状が引くのです

よく病気は遺伝するといいますが
フォノグラム(家系の歪み)も遺伝しているのではないかと思うのです

子供は 親の歪みを無意識にコピーします
では 親の歪みはどこからきたのでしょうか?
その親も昔は真っ白な子供でした
そのときに 同じように お母さんのお母さんから(お父さんのお父さんから)
歪みを継承したのだと思います

子供のフォノグラムの歪みを修正したところで
すぐに親の歪みをコピーしますので
いくら修正しても根本的には解決できないでしょう

このことは 整体や鍼灸治療の限界を意味するのだと思います

フォノグラムの歪みは先祖の大本までさかのぼることになってしまいます

フォノグラムは肉体的歪みだけでなく その根本原因である精神的な歪みも捉えます

先祖の供養が大切なのは
こういった事実があったからではないかと思うのです

私は 毎朝 先祖の供養(伊勢白山道)をさせて頂いております

実際 自分の体のフォノグラムがすごい勢いで変化していくのが
感じられます。

心と肉体の関係をフォノグラムで解明することが出来たらな~
という夢を持っています
201107310006_convert_20110814034503.jpg
(楽器のフォノグラム)


クリック お願いします

スポンサーサイト



Comment

No title
驚くような話ですが
納得してしまいます。
  • 2011/08/14 21:43
  • ohsho
  • URL
No title
岩倉のおにょ=磐座の斧=磐座の鬼

でした コワ
  • 2011/08/15 03:52
  • おにょ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)