FC2ブログ

白色ノイズを求めて

ホワイトノイズ_convert_20110805020618

これはWEB上に落ちていたSIMPLENOISEというフリーウェアをWEBSPECTRAMで録音したものです
あらゆる周波数が満遍なく入っているのがわかります

共鳴版もこの状態にしたいのですが どのように彫ったらよいでしょうか?
たいていの楽器は以下のような周波数分布になってしまうと予想されます
ケメンチェ型スペクトル_convert_20110809031432

これは 高音成分と低音成分が分離してしまい
それらをつなぐ 中間領域の振動成分がない状態です
ケメンチェのところでも見ましたように
いくつかの小さい楽器(部分振動 高音成分)が たくさん共存してしまっている状態です
ケメンチェでなくても 普通のヴァイオリンでもほとんどがこういう状態だと思われます
部分(高音域)と全体(低音域)が矛盾なく溶け合うようにするにはどうすればいいでしょうか?
中間領域の音域は全体の寄与で作るしかなさそうです
ホワイトノイズスペクトル_convert_20110809032239
(こんな風にしたい)

アウトラインのカタチの研究では 不動点が一つのものだけを許すという結果になりました
これは 分割振動がベースの部分と融合するにはこの場合に限られてしまうからです
アウトラインの決定は 少なくとも そうすることができる可能性があるというだけで
実際には 曲面を掘り進めて 不動点が一つの状態に持っていかなくてはなりません

フォノグラフの不動点(渦)の数と 分割振動の数は比例する

これはたくさんのテンでバラバラな小さな太鼓が
乱立しているところを想像してもらえばよいです
しかも連続的につながっています

(この場合はホワイトノイズにはなりません 高音部分しか出ていないからです)
部分集合がホワイトノイズになってもダメです)

(これはホワイトノイズの定式化に使えます
たぶん スケール変換してもすべての周波数が含まれているような
そんな感じで定式化すればよいのだろうとお思います)

フォノグラフの不動点を一つにすれば そのスペクトル分布は
ホワイトノイズ型になるか?


これにはすぐに答えられそうにありませんが
この方向で研究しております

少し話が変わりますが
体が疲れているとき たいていの人は声が低くなると思います
これは 全身が緊張を解いて筋力が低下し
たわんでしまったため
高音領域が出なくなってしまうことに起因します

また老人になりますと声が甲高くなります
体中の組織があちこち硬くなってしまい
高音成分が増えてしまうのです
全身性が喪失しているため
低音がないので 潤いがない声になってしまうのです

若くて健康な人は
どんな声なのでしょうか

というよりも
ホワイトノイズが出るような状態は
どんな体の状態なのでしょうか?


ひょっとしたら まだ 人はその状態を知らないかもしれません

ヴァイオリンの名器の秘密がこの辺に隠されているとしたらどうでしょう?

フォノグラムの研究は 単に楽器や建康の研究にとどまらず
人間の隠れた可能性について
科学的に追求することができる
新しいツールになりえるわけです
(その橋渡しができれば このブログの目的達成です)

橋渡し:まずは興味を持って頂くこと 次に 不完全ではあるけれども 勇気を出して公表すること


おまけ

ホワイトノイズを赤ちゃんに聞かせると
大笑いする動画です

共鳴版をこすって 赤ちゃんに聞かせて
大笑いしたら それはホワイトノイズかも。。。

紙を破る音に爆笑する赤ちゃん
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)