FC2ブログ

お化けかぼちゃ(5) アウトラインについて

k2 com

前回に続き アウトラインについて考えて生きます
k-2は マイナスのくぼみが全部で4っつあります
等音線を外側から内側に描いていくと
やはり くぼみのところで面が分離を起こしてしまいます
k-2の場合 3個の太鼓に分離します
(この等音線は 実際に描いたものではありませんが
もしあるとすれば こうなるはずです これも純数学的に証明可能だと思います 
いずれやります。)
やはり 事情はk-1と同じで
全体と部分が融合できず 分割振動(ノイズ成分)の多い楽器になってしまいます

つぎにk-3


k-3com.png

やはりマイナスのくぼみで分割してしまいます
くぼみの先端を 中央でぶつけるようにデザインしなおせば
分離しなくてすむのでは と思ったのですが
むしろきれいに 分離してしまいます

ここで少し発想を変えてみます
アウトラインのデザインを無視して 仮想的な 統一された共鳴版を内側に作ってみます
k2com2.png
この赤枠より内側で等音線を作っていけば 不動点が一つの楽器になります
赤枠よりも外側の部分は 音響的には あまり意味のない(むしろ ノイズの元になる)ものと考えます
妥協ですが 見た目にも ふっくらとした楽器になるし
なんとか不動点(丹田)を一つにできます
この趣旨で 実際に彫ってみました
tori13_convert_20110720175030.jpg
k-1の楽器は 周辺から始めたのでやせてしまいましたが
k-2は 仮想的な赤枠で音を合わせて言ったので ふっくらしています
しかし 赤枠の外とどう音を合わせて言っていいか?です
結局 全体と部分が融合したものは このアウトラインでは作れません
k-3も同様です
k-2もここで制作を中断しました

部分と全体を融合するにはどうしたらよいのでしょう
いろいろな古楽器を経て モデルチェンジを繰り返し
最終的にヴァイオリンのデザインに収束していったのは
なにか必然性があったのでしょうか?
音響的な意味でも装飾的な意味でもなにか理由があったのでしょうか?

つづく



スポンサーサイト



Comment

ブログ連続更新おめでとう
ちょこちょこと確認しています。

今のところ続いてますね。

エライエライ(笑)

グラフィックも綺麗に出来ています。

感心しました。
  • 2011/07/21 22:26
  • てっあん
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)