FC2ブログ

内部緊張の物理学 (1)

ヴァイオリンにも様々な形があり、それぞれ個性を持っていますが、たいていの人にはすべて同じに見えるでしょう。
また、同じ楽器でも、ほんの少し調整を加えるだけで全く別の楽器(良くも悪くも)に生まれ変わることもあります。
見た目には何も変わっていないのに、目に見えない内部の緊張状態が変更されてしまうからです。
音の図形であるフォノグラムは、この内部緊張を表したものであるということができます。
22_20130205155252.jpg
(等音面ではない状態の音図)

また、等音面とは音響対称性を最大にしたときの理想極限として定義しましたが、この状態は内部緊張が均等の状態
と同じことです。
フォノグラムによる楽器制作、調整法は、内部緊張を均等にする技術といっていいでしょう。

30.jpg
(等音線がつながった音図)

もし楽器に内部緊張が存在すれば、フォノグラムは渦巻きを二つ以上持つでしょうし、等音面ではありえません。


ここで、内部緊張という言葉を持ち出したのは、楽器のフォノグラムに対して行ってきた考察を、身体のフォノグラム(経絡)に拡張するためです。

内部緊張という概念を用いて、楽器制作と経絡治療が、同一のメカニズムで説明できることを示したいと思います。

話が少し脱線しますが、彫刻のお話から始めたいと思います。

無題

これは、誰もが一度は目にしたことのある有名なミケランジェロのダビデ像です。

下半身は右に行こうとし、上半身はそれに反して左に行こうとしています。
明らかに内部緊張があります。
ミケランジェロは、人間の心の葛藤をポーズで表現しようとしているようです。
内部緊張は肉体的外面としてポーズに現れるが、それに伴う心理的な緊張状態も同時に現われています。
フォノグラムの図形パターンが人の身体のゆがみだけでなく、心理的な状態までも読み取れるのは
このような身体の内部緊張と心理的緊張が対応関係にあるからです。
彫刻という芸術表現が可能なのは、この対応関係に普遍性があるからです。



これも有名な彫刻です。
tt.jpg



ロダンの考える人です。
このポーズが考えている心的状態を表すのに違和感を感じる人はいません。
また、ロダンは逆に、あり得ない身体のポーズを彫刻することにより、
通常ではありえない心的状態を表現しようとしていたようです。
彫刻表現の可能性の拡張です。


つづく



*過去記事のインデックスです。 項目ごとに見やすくしてあります。*
過去記事インデックス



はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします
スポンサーサイト

Comment

調べものをしているうちに、このブログに立ち寄りました
専門的な事はわかりませんが、たいへん興味深い内容で
楽しく読ませていただいてます。
等音線がつながった音図、富士山の等高線みたいだなと思いました。
人から愛されるかたちには理由があるのですね。
  • 2013/10/08 14:10
  • たかこ
  • URL
  • Edit
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。

> 等音線がつながった音図、富士山の等高線みたいだなと思いました。

その通りです。音にも高さのような量がありそれをプロットしています。

> 人から愛されるかたちには理由があるのですね。

そうなんです。
理由があるんです。
そういう形は化粧をする必要がありません。

またよかったらコメントしてください


  • 2013/10/08 23:42
  • 磐座(イワクラ)のおにょ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。