FC2ブログ

月の光とミカン箱

  • Day:2013.06.19 20:07
  • Cat:雑感
gohhojjj.jpg


第二論文 「等音面の理論~音響対称性の数理~」が書きあがりました。

これは実証実験で明らかにした事実をもとに、
「フォノグラム」を「等音面の理論」として書き直したものです。

どちらかというと、数学的な取り扱いに至るまでの哲学的考察が書かれています。

いわゆる総論的な内容です。ここから先は純粋な数学的研究になっていくと思います。


ここまで本当に長い道のりだったと思います。

ふと恩師(数学者)との会話を思い出していました。

初めてフォノグラムという現象に遭遇したとき、わたしは恩師に向かってこういったのを覚えています。
もう15年くらい前になりますが、、。

私:「先生、これは科学で解明するのは不可能だと思います。」


恩師:「怒!不可能と言ってはならん!不可能ならば、その不可能性を証明したまえ!
    それまでは一切、不可能という言葉を口にするな!」

私: 「、、、、、、は、はい、、、、、汗。」


その時は、まさか本当にここまでやれるとは思っていませんでした。
今は亡き恩師にやっと報告ができそうです。

私がここまでやってこれたのには、ひとえに、この恩師のおかげなのです。

よく、D大学歴代総長の言葉が拝見できる(色紙に書かれている)食堂に連れて行かれて
次のように説教されていました。

恩師:「いいかい、オノダくん。あの色紙に書かれている言葉をみたまえ。」


金銀うちになし

私:「な、なるほど、、、。わかりました。」

数学を教わる前に、とにかく精神的に潔白であることを求められたのを覚えています。
そしてそうあり続けなさいと、、。

また、私が引っ越しをした時のお話ですが、

恩師:「オノダくん。昨日はどのくらい勉強が進んだかね?」

私:「昨日は引っ越しで机も光もなかったのでできませんでした。」

恩師:「私のような、戦時中、学徒出陣を経験した世代のものは、昼間工場で働いて、その後
    月の光とミカン箱で勉強したのだよ。
    睡眠時間は3時間くらいであとは寝る間も惜しんで勉強したものだ。
    本も買うことができず、わら半紙にすべて手書きで写したんだ。
    そういう時代だったんだ。」

この会話が今でも忘れられません。

あれから15年。
日本、そして日本人の心の変化を見るにつけ、恩師が私に何を伝えようとしたのかが
よくわかります。


[月の光とミカン箱]


これが、私の「原風景」になっているようです。




*過去記事のインデックスです。 項目ごとに見やすくしてあります。*
過去記事インデックス



はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします





スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)