FC2ブログ

捧げもの  

  • Day:2013.04.18 17:33
  • Cat:雑感
第一論文「音の作る形」を書き上げてから、一ヶ月足らずのうちに様々なことが起こりました。
あまり詳しく書けないこともありますが、これからの自分のあり方など、もう一度考えなおす良い契機になったと考えています。

真に大事にすべきことはなんなのか?

どういった仲間と共に歩むべきなのか?

などなどです。

論文を書き上げた私が次にすべきことは二つありました。
一つ目は、英語に翻訳すること、
そして二つ目は、いかに効率よく、著名な学術誌に論文を掲載させるか
ということでした。

英語訳を翻訳ソフトなどを利用しながら、自分なりに翻訳作業をしていたのですが、なかなかうまくいかず、
途方に暮れていました。お金で解決しようとも考えたのですが、今の私にとっては高額すぎるし、今後のことを考えても、先に続いていかないと考えていました。

そこへ、、、、。
とてつもない助っ人が現れてくれました。
ブログに共鳴して、以前、私のアトリエ(研究室)に訪れてくれた方 Sさん が、知人を介して、
翻訳家 Tさん を紹介してくれました。
私の書き上げた論文を、SさんがTさんに渡してくださいました。

驚いたことに、Tさんは長年、バロック音楽の、作曲、理論研究をなさっていました。
音楽が、生命感覚を元に作られたものであり、理論、観念からだけではどうしても生きた音楽は作れないということを肌で理解している方でした。
私の論文を読むなり、すぐにその本質を理解なさってくれました。



*第一論文を理解するのに専門性は必要ありません。
事実をありのままに見つめることのできる”素直さ”と、初等幾何学が理解できる程度の”論理的思考”がありさえすれば中学生でも理解できるように書いてあります。そして、これは、実験と厳密な推論による帰結であり、認めざるをえない客観的、科学的事実なのです。*

論文の本質を理解するだけでなく、この実験事実が真に意味していること、その可能性まで
、私が論文に対して見せて欲しい反応の全てを、その方は示してくれました。
論文に共鳴してくださったTさんは、タダ同然の金額で論文の翻訳を引き受けてくださいました。



Tさん:我々の仕事は、完璧なものでなくてはならない。
    完璧な仕事とは、神様に対する捧げものでなくてはならない。
    


彼の翻訳作業は一切の妥協がありません。
とても頼もしい仲間に出会うことができたと考えております!
3番目の論文(音楽理論とフォノグラムが主題)を彼と共同で書こうと考えています。


また、もうひとつ別ルートから論文がある筋に流れることになりました。
私は、所属機関がない状態での論文発表になりますから、論文が読まれずに受理されない可能性があります。
ですので、私のような人間が所属できる学術機関があれば有利に学術誌に投稿することができると考えました。
あまり詳しくは書けませんが、いろいろなことを考える契機になったとだけ書いておきます。

今後、正式に論文を発表していく段階になりますと、このブログ自体が不利に働くことが予想されますが
私はあえて、このブログを公開したままにしておきたいと考えております。

権威主義、科学的タブー、偏見、などいろいろと考慮に入れなければならないとは思いますが、
しかし、我々にとって最も重要なことは、
真実に対して誠実であるということ、そして

「研究が、神様(普遍性、真理、良心)に対する捧げものである」

ということだけなのです。
その他のことはどうでも良い瑣末なことです。


無hh



*過去記事のインデックスです。 項目ごとに見やすくしてあります。*
過去記事インデックス



はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします










スポンサーサイト

Comment

関係ない話で恐縮ですが、
仏教についてのおもしろいお話があります。
仏教の根本の教えは心と行いのやすらぎでした。
ブッダと仏弟子の感動の物語がたくさん書かれています。
たまには仏教の物語もおもしろいですよ。
以下のサイトをクリックしてください。

http://bukkyo.wiki.fc2.com/
  • 2013/05/13 12:40
  • abe
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。