FC2ブログ

O君 修行日記 ③

京都造形大の学生、岡レモン君が、フォノグラムによるヴァイオリン製作を卒業制作の課題に選んだのは、昨年の10月のことでした。
はじめは無理かなと思っていたのですが、見事、彼独力で完成することができました。

ff.jpg
卒業制作 「岡レモン展」 の様子

ちなみに、これは4枚目です。
彼にどれくらいの時間で造ったか聞いたら、大体1週間ぐらいと言っていました。

すごいと思いませんか!

音を聞く能力はピアノの音階練習で身につけさせ、少しずつですがフォノグラムも書けるようになってきました。

これは、岡レモン君が書いたフォノグラムです。
そしてそれによって作られた共鳴板です。

無題ttt

大体あってます。
ここまでできればあとは熟練していくだけです。

もちろん、楽器になっているわけではないのですが、重要なのは、彼がフォノグラムを使えるようになったということです。
今後の成長が楽しみですし、できれば、ぼくのあずかり知らない方向に発展して行ってもらいたいと思いっています。

もともと木工彫刻が専門なので、家具などのインテリアのデザインに応用してみてほしいです。
デザインの可能性はそれこそ無限にあります。

今回、こうしてフォノグラムの技術を教えることができたのは、僕自身も含め、みなさんにも価値のあることだと思います。

それは、フォノグラムという技術が、なにか特別の能力なのではなく、誰でも使いこなせるという普遍的現象であることの証明にもなったからです。

フォノグラムの図形パターンから、なにか特異なイメージを持たれる方が多いかもしれませんが、やってみれば本当に簡単なことであると気がつきます。


見事、独力で完成して僕のところに持ってきた時に、ついで報告がありました。

岡レモン:「単位、1個足りませんでした! 留年決定で!」

僕:「そうか!よくやった!!」

こうして岡レモン君の修行は続いていくのでした。
半年で楽器まで作り上げるそうです!


追記:私たち、研究の第一世代は、ここまで来るのに十年以上の歳月がかかっています。前任者の代から数えればもっとかかっています。
私が十年かかったことをたった数ヶ月で成し遂げてくれました。
私ができないでいる応用の可能性や、見落としてしまっている点など、彼が見つけてくれるかもしれません。


若者の可能性に期待!!!

ffazaaaq.jpg




関連記事

O君 修行日記 ①
O君 修行日記 ②  一次元フォノグラム

はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします




スポンサーサイト

Comment

ssssssssssssssっそうなんですか!!??
すごい!!未知すぎて、もううちの中ではホグワーツの授業みたいなイメージになってます・・・。
  • 2013/03/05 23:20
  • ぽにょ
  • URL
今までの人間の能力というのは、まるで人間性とは無関係のように語られてきました。
しかしこのフォノグラム能力だけは人間性が問題になります。
この能力を20人に一人がもし持ち得たなら、世界はよくなると真剣に考えています。
  • 2013/03/05 23:52
  • 磐座(イワクラ)のおにょ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。