FC2ブログ

等音面 と 音図 (1)

「この世には、不思議なことなど何もないのだよ、関口君。(京極堂)」
                            姑獲鳥の夏より


ebnn.jpg


圧電スピーカーによる振動数分布の測定により、等音面というものが実証されました。
しかし、科学的に実証されたからといって、「等音面」を実現する技術的な問題は依然として残っています。


、一体どのようにすれば「等音面」を作ることができるのでしょうか?


実験結果が綺麗に出たのは、そのように私が作ることができるからであって、
「フォノグラム」を使いこなせなければ、依然として「等音面」を作ることはできないのです。

bgyhuj.jpg

ここでもう一度、今回の「等音面」の実証実験の結果と「フォノグラム」について
徹底的に議論してみたいと思います。


まず、今回の実験を鳥瞰してみます。

位置A



タッピングトーンを板全体にわたって揃えていくという、フォノグラムを利用した方法により、等音面を実現しました。
このフォノグラフィックな製作法は、熟練した耳と正確に削る木工技術があって初めて可能になるものであり、
このままでは科学の体をなしません。
そこで、私は、タッピングトーンを耳で聞くのと同様な客観的測定法を編み出しました。
それは、圧電スピーカーを聴診器代わりに使い、タッピングトーンで聞き取っていた響きの違いを再現性のある客観的な測定により、
調べるということでした。
スピーカーから出ている音を振動数分析し、デジタルデータとして視覚的に比較しました。
これはスペクトルアナライザーのフリーウエアーWEB SPECTRAM を利用しました。
縦軸に、振幅、横軸に周波数をとれば、今何の周波数たいがどれだけ出ているかわかりますが、これでは、動きすぎていて比較になりません。
そこで、少し工夫して、動いた周波数の振幅の積算値を比較することにした。
ある一定時間の周波数の振幅の積算は明らかに客観的な響きの違いを反映した量として利用することがでます。

スピーカ位置替えggg


これにより、等音面というものが文字どうり、共鳴版の各点において同じ振動数分布を示すことを実証することができました。

さて、この測定を続けて振動数分布を調べ、それが揃うようにして等音面を作ることは可能でしょうか?
時間を惜しまずに研究していけば可能かもしれません。
しかし、私には、フォノグラムがあります。
フォノグラムという技術、能力が先にあって、今回の実証につながったことを忘れてはいけません。


(ここは、再度強調しておきます。科学的事実が先にあったわけでははなく、すでに存在していて、まだよくわかっていない事実を科学的に説明したのです。人間の存在、能力、感覚は既成科学だけで説明のつくものではなく、
未だ謎に包まれた大いなる神秘だということです。ここに理性のメスでもって切り込んでいくのが本当の科学者というもののはずです。)

この複雑な振動数分布をどうすれば一致させることができるのでしょうか?
いよいよ、「フォノグラム」や「気」、「経絡」について解明する時がやってきました。


これから数回で、協和、不協和関係など、音楽の和声理論を公理として認め、
今まで用意してきた数学理論と融合させることにより、科学的な説明を試みたいと思います。といってもスケッチですが、、。


fig19.jpg

フォノグラムは、いわばヴァイオリンの経絡です。
楽器の研究は、すべて、この経絡現象の原理的解明のための伏線に過ぎません。

科学がまだメスを入れていない領域
科学がまだ結びつけることのできない「精神と物質」の関係

フォノグラムの研究の真の目的は、この人類の未開の地を切り開くためにあるのです。


はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします











スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。