FC2ブログ

心=肉体=楽器の変換系  情報科学としてのフォノグラム④

いまや、音源はデジタル音源が主流ですので、これを忠実に再生したところで、元の生音とは全く違ったものです。

音を電気信号に変換するということから、情報というものが改ざんされてしまう過程を見てきましたが、このような情報の改ざんは
系が変わるシステムではどのような変換系でも起こります。


たとえば、音を聞きながら、形を削っていく、フォノグラフィックなCADマシーンがあったとします。
何らかの集音システムで、音を拾い、それをデジタルデータ化できたとします。(この時点ですでに情報の改ざんが行われています。)
そのデータを、解析して、機械系に命令を送り、音が合うようにマシンに削らせます。
またその音を集音して、解析し直して、削るというフィードバックシステムになります。
電気=機械系、電気=音響系、など、系が変わるたびに情報が改ざんされていきます。
また、フィードバックシステムになってしまうことから、カオス系になってしまい。
うまく制御できないだろうことが予想されます。
これは、工夫すればどうにかなるようなものではなく、原理的に不可能なものです。

これが唯一出来るのが、実は人間の身体なのです。

keiraku-hai.gif


(それでもトレーニングが入ります。人間の身体内部にも、実は情報の改ざんが行われてしまっているのです。
素直な自然な反応をしていません。現代人はそのままではよい変換システムとは言えません。病気!)

少し話を変えます。


私は趣味で、ピアノとヴァイオリンをたしなみます。
あくまでもたしなんでいるだけで、とても演奏といえる代物ではありません。

演奏家たちは、日々何を思って、演奏の練習をしているのでしょうか?
これは、芸術家一般にいえることです。
彼らは、何を思って、何を磨いているのでしょうか?

それは、心のイメージを、肉体の運動に変換して、その肉体の運動を、演奏家であるならば
楽器に乗せます。

無題


この、心=肉体 の変換システムがうまくいくように練習するわけです。
心的イメージがそのまま肉体の運動、タッチコントロールになり、その心の運動が、そのまま楽器の音に変換されるのが
理想的な演奏です。
もちろんこれは究極目的だと思います。

ここでお話ししたいのは、心=肉体 という変換システムにもひずみが生じるということです。


ここでもフォノグラムが役に立ちます。
この心=肉体の変換システムにおいて、ひずみゼロにすることがフォノグラムでは可能です。

楽器という道具は、唯一、心の表現に使うための道具です。
他の道具は、もっと物質的な用途のためにあります。

gurugutu_20120824180235.jpg


したがって、楽器というものを考えるとき、この
心=肉体=楽器という変換システムを考える必要があります。
これらを切り離しては楽器という変換システムをつくることはできないのです。
これが、楽器というものを、研究対象に選んだ最大の理由なのです。

心と肉体の変換システムで情報がストレートに流れていかないとき、病気になります。
ひずみがあることと同じなので、音を聞いて削るということもマシンと同じく、情報の改ざんが起こってしまいます。
結局は、肉体のフォノグラムの状態が、楽器の聞き取れる音に関係するということで、
自分のフォノグラムの能力以上の楽器は作ることが出来ないということです。

この現実世界では、この情報の改ざんがいたるところに存在しています。


こういった一連の考察から、情報の改ざん、情報エントロピー、などを考えていけば、フォノグラムを情報科学としてまとめていく可能性が出てきます。
それらは、物理学や生理学、音響学、全てをつなげていける可能性に満ちた考察だと思います。


はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。