FC2ブログ

スピーカー開発で気がついたこと   情報科学としての見方①

情報科学としてのフォノグラム


「グラス一杯の中に全宇宙がある 」(ある詩人の言葉;ファイマン物理学から引用)


この短い言葉で、物理学者リチャード=ファイマンは次のことを示そうとしました。

学問領域というのは人間が勝手に考えて線引きしたものであって、自然の側から見ればそんなものは存在しない。



フォノグラムは既成の科学ではどの分野に属するでしょうか?

物理学?、音響学?、形態学?、東洋医学、精神医学、生理学、心理学??

どれも違うような気がしますが、情報科学としてみると意外と面白いのかもしれない
と考えるようになりました。

naka12.jpg
(楽器内部のフォノグラム。)

そう考えると、フォノグラムというものを、他の学問とどう結びつけることができるか?
ということが見えてきます。
(もちろん、独創的な新しい学問領域とみなすこともできますが、、、、。)

こう考えるようになった契機は、フォノグラム技術を楽器だけでなく、スピーカーボックスに応用する過程においてでした。

スピーカー


私は、オーディオの世界は素人ですが、このブログをご覧になられた方(元スピーカー開発に携わった方)からフォノグラムの技術をスピーカーボックスに応用できないか、という提案をFaceBookを通じて頂きました。
正直、初めはピンときませんでした。

試しに、圧電スピーカーを楽器にあててみたら、ものすごいよい音が出ました。

おお!!これはすごい!!

今あるヴァイオリン、ギター、作りかけの表板など、いろいろな楽器に圧電スピーカーをあててどんな音が出るか
しばらくの間は無邪気に遊んでいました。

無題11


当然のことながら、もっと音をよくしたいという欲求から、圧電スピーカーを当てて音が出ている状態で
フォノグラムに従って、楽器をヤスリでこすって、音色をリアルタイムで変えていきました。
(私のような人間は、こういうことを無意識にやってしまいます。)

すると、期待道理に音色をコントロールできることが確認できました。
(この圧電スピーカー遊びが、後のフォノグラムの実証につながるわけです。)

この時、初めて直感的に、楽器制作とオーディオ開発が自分の中で同じであることがわかってきました。
以下、フォノグラムの観点からの、私のオーディオに対する考え方を示してみたいと思います。
(オーディオについては素人ですので、基本的なところで思い違いをしているかもしれませんが、
その時は大目に見ていただけたらと思います。)

よいスピーカー作りというのは、一言でいえば、いかに、ひずみをなくしていくかということに
かかっているようです。

30.jpg

どうやら、フォノグラムで渦を消していく操作は、ひずみを消す操作ににあたるようです。
これから何回かにわたって、フォノグラムを情報という観点から眺めていきたいと思います。スピーカーの話から、生命の形、ガウディーの建築など、様々なことをトピックにしながら説明してみることにします。


つづく

はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします

スポンサーサイト

Comment

経絡のことを調べていてこちらのページへたどり着きました。

バイオリンのウズマキ、とてもきれいですね。

お話、わからないところもたくさんですがとても楽しいです。

ゆっくり読ませていただきます。
  • 2013/01/31 00:14
  • mikan
  • URL
mikanさん はじめまして.
コメントありがとうございます。
ご意見、ご感想、いただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします。
  • 2013/01/31 20:19
  • 磐座(イワクラ)のおにょ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。