FC2ブログ

山水に学ぶ

  • Day:2012.10.10 21:33
  • Cat:雑感
21.jpg
鳥取県 大山の頂上から眺める朝日

私は、20代中頃から山登りを始めました。
登山のきっかけは、道元の「正法眼蔵」を読めるようになりたいという思いからでした。
「正法眼蔵」は世界一難しい哲学書と言われていますが、いくら頑張っても
当事の私には読めませんでした。
「正法眼蔵」に「山水経」という部分がありますが、たしか、山水がそのまま仏であるというような内容が書いてあったように思います。

??????????

当事の私は、いわゆる過去の文献によりどころを求めるような
そんな学び方をしていたように思います。
まだ自分のフォノグラム能力を信じ切っていなかったので、外に論拠を探していたのです。
書物を置き、山に登るなどということは、当事の私にしてみれば時間の無駄としか思わなかったでしょう。

しかし、正法眼蔵はどう転んでも頭だけでは理解できませんでした。

ならば山水に直接聞いてやろう。

そんな感じで登山を始めたのでした。(不純な気もします。)
近くの比叡山から初めて、徐々に、遠くの山に出かけるようになりました。

そして、実際に山水が教えてくれました。
山水経のくだりが少しずつですが理解できるようになったのでした。

「概念や観念が先にあるのではない、実体が先にあるのだ。」

ということを実感した瞬間でした。


徐々に、フォノグラム能力が強化されていくにつれ、正法眼蔵も
結局はフォノグラムのことを示しているのだということに気が付き始めました。



話は変わりますが、白山に登山に行く道すがら、勝山市から、白山登山口までヒッチハイクでいったことがありました。
その時のことですが、乗せていただいた方が幼稚園の園長先生で、

「あなたは、生きた教材だから、今から幼稚園に来て、園児にお話をしてください。
そのかわりに、白山まで連れて行ってあげるから。
園児たちに”登山で得られる達成感の素晴らしさ”を教えてあげてください。」

という話を持ちかけてきました。
まーいいやと思い、幼稚園にそのまま拉致されてしまいました。

リュックの中身を一つずつ出して、見せるだけで、園児たちは大喜びでした。
私は、もちろん園児たちに何も教えず、ただ一緒になって戯れました。
その後、園長先生と一緒に、白山に向かったわけですが、
園長先生がおもむろに、

「どうして山に登るのですか?」

という質問を私にしてきました。
私が言葉に詰まっていると、

「達成感ですか?」

と伺ってきました。
私はさらに言葉が詰まってきました。

「達成感とかではないんですけど、、、、。」

私は、その時このように説明をしたと思います。

「山の頂上にいるときは、すべてが穏やかで、まるで神様に抱かれているようです。
が、しかし、山の頂上からは、その山の美しい全体像(神様の姿)は見えません。
それは里(娑婆世界)からでしか眺めることできないものです。
山の頂上は、いわば園児の心境です。私はそれを求めに山に登るのです。」



最近、やっと、遠くに眺める山の景色もいいもんだと思うようになりました。
今ではとても懐かしい思い出です。

はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします




スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。