FC2ブログ

教えてみることにします。できるかな~

utigata_20121003204614.jpg


このブログにいらっしゃる皆さんは、やはりフォノグラムをどう採っているのか?
人間のどんな能力を使っているのか? 誰にでもできることなのか?

ということに関心があると思います。

私としましても、そろそろこれに触れないわけにはいかなくなってまいりました。
この辺で、フォノグラムの方法を人に教えてみる試みを始めてみたいと思います。

今回、生徒になっていただくのは、京都の某美術系大学生のO君です。
芸術系の学生さんは、卒業論文の代わりに、卒業制作というものをつくらなければなりません。
この卒業制作のテーマに「フォノグラム(等音図)による楽器制作」を選んでみようとのことです。
教える側の私にとっても、学ぶ側のO君にとっても,とてつもないチャレンジになります。
4か月という短い期間で何ができるか?
楽器を組み上げることなどできるはずもありませんから、共鳴板の表板だけをフォノグラムの方法で作ることにチャレンジしてみたいと思います。

(それでも相当難しいです。ちなみに私は十年以上かかりました。十年かかった理由は、音を聞き取るための体つくりにこれだけかかってしまった
といってもいいのかもしれません。)

私たち、研究の第一世代は、暗闇の中、かすかな光を頼りにして進んでいくようなもので、いわば、なにをどうすればいいのか、という方法論すらない状態でした。
そうした中で得られたものを、技術として継承させるためのメソードが確立されれば
技術獲得のためにかかる時間を、大幅に短縮することができるはずです。

したがって、この技術継承の問題は、フォノグラムの実在性を示すことと同じくらい、重要な問題になってくるわけです。

また、教えるという立場から、違った形でフォノグラムというものを説明することが可能になります。

4か月という短い期間で、何ができるかはわかりませんが、その期間に、O君がどのようなことに取り組み、どのような心身の変化が現れ、そして、どのような能力が備わっていくのか?レポートしていきたいと思います。

フォノグラムの能力は、いわば、眠っている感受性を呼び覚ますことによって顕現するものです。
肉体の精密なコントロールが鍵になります。


ここで、生徒になっていただくO君について触れておきたいと思います。

木工彫刻が専門なので、刃物の扱いには問題ありません。
彼の性格ですが、はっきり言って落ち着きがない子です。(笑)
長時間じっと静止しているということができません。
しかし、短期間の集中力はありますし、いい意味でバカです。
また、同情心が強い子なので、フォノグラムを獲得する素質があります。
フォノグラム能力の獲得には、いい意味での「子供らしさ」が必要になってきます。

ここで、いい意味でバカとは、素直にこちらの指示に従ってくれるということです。
フォノグラムの能力の獲得には、学習者には退屈に感じてしまうことが多いからです。そして、能力が育った後で、意味というものが分かってきます。
頭でっかちの子には教えることができません。
(スターウォーズのジェダイと同じです。ちなみにフォノグラムは、リアルなフォースです。)

落ち着きのない原因の一つに、アトピー持ちということも関係しています。
東洋医学的な観点からは、内気が充実しておらず、外気の活動が過多な状態です。
表面上の活動が過剰に行われているために、静止ができないのです。
子供がじっとしていられないことも多気と関係があります。

フォノグラムの能力の顕現は、身体内部の不調和を鎮めることから始まります。
身体内部が静止していないのに、正しく外の世界を観察することなど不可能だからです。

つまり、自分自身が静止すればするほど、より精妙な情報を感応することができるのです。

ほとんどの人間は、一日中、心の中で「ああでもないこうでもない」と動いています。

心身が静止するとは、フォノグラムでいえば、渦が一つに集まっている状態、これは丹田が形成されることと同義です。

もっと簡単に言ってしまえば、「無心」になることです。

「無心」にさえなればだれでもできるのですが、これが最も難しいのかもしれません。
「無心」というものが「形」を帯びたとき、フォノグラムによる共鳴板ができるでしょう。

O君の心身の成長とともに、共鳴板がどう変化していくかが見所です。
作品作りが、そのまま自分育てになって行きます。

まず一番初めにやってもらうのは、ピアノによる音階練習です。
ノミはまだ握りません。

はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。