FC2ブログ

断食19日目

  • Day:2011.05.23 01:54
  • Cat:断食
断食19日目
皮下脂肪が落ちてきて
皮膚のはりがなくなってきましたので
皮膚張力を一定にする調整をしましたところ
次の日には 皮膚のハリが以前よりも良くなって
若返りました ほんの少しの調整で劇的変化です

皮膚のハリがなくなったなと思った時は
異常な眠気に教われました

これも 体が無意識にそのギャップを履修しようとして
休息状態に入ったのだと思います
一種のメイゲン反応のようなものです

皮膚の緊張度と体の体積の関係は
緊密に連絡を取り合っているようです

仮説ですが 皮膚の緊張度が一定ならば
脂肪はつきづらく
皮膚の緊張度にばらつきがあれば
脂肪がつきやすいのではないかと思われます

緊張度が違うということは
音が乱れているということであり
動いていないところと
動きすぎのところがあるということです

動いてないところに 脂肪はたまり
体積を膨張させることによって
皮膚の緊張度の低下を補う

ということだろうと思うのです

まだまだ 観察中です
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)