FC2ブログ

⑦ (強)共鳴性=柔軟性~非対称性とカウンターバランス

b_20120721230453.jpg

バスバーのカーブも等音線にしていくわけですが、この時、自然と共鳴が強くなることで
確かめることができます。

共鳴版が張り付いているおかげで、音の変化はとても聞き取りやすいです。
誰でもこの変化に気がつくと思います。

実は、裏板を横板に貼り付けて、箱状にした後、内部を整形していく過程において
このことが最もはっきりと認識できます。

裏横

箱状になっているため、共鳴音が聞き取りやすく、その変化がすぐにわかります。



共鳴が強くなること

共鳴版の各点の音のタッピングトーンがすべて同じ音響スペクトルになっていること

フォノグラムの「渦」がひとつにまとまること

音響スペクトルがホワイトノイズ型になっていること

は全て同値概念と考えています。

またその時、構造体としてはストレスを全体で受け止めることのできる統一体になります。
しなやかで柔軟性が有り、いわゆるバネのある状態になります。
この時、フォノグラムは格子パターンになっています。

hakofono.jpg




箱上にしても「ひねり」を加えられるほど柔軟な構造にできます。

ひねってみます。

ねじり1

こちらは左右対称な構造なので、どちらにひねっても同じフォノグラムパターンに歪みます。

fononejiri.jpg

バラバラのパーツのままですと
こんなに柔軟で大丈夫かなと思うのですが
組み立てることにより、構造上、頑丈になっていきます。


hakohako.jpg

箱の状態まできますと、結構強い力でひねっても
フォノグラムは変化しません。

これが弦張力がかかった時にどのように変化するのか?
また、それにたいしてどのようにカウンターバランスを考えていくのかが課題でした。

いよいよネックと本体の関係をフォノグラムを使って調べていきたいと思います。


ちょっとしつこいですが、考察の基礎になるものを洗いざらい出しておこうと思います。


はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします





スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。