FC2ブログ

④ シュパヌングという技法  ~非対称性とカウンターバランス~


弦張力が共鳴版にどのように影響するのか、フォノグラムを通して見てまいりました。
今回から、実際に、弦張力の影響による歪みを補正するためのカウンターバランスについて
考えていきたいと思います。

まず、バイオリンの内部構造を見てみます。

TEACHING PICTURE Inside the Violin


15kgもの弦張力による圧力が常に駒にかかっています。
これに対するカウンターの力を構成できるのは、バスバーと魂柱です。
以下それぞれ簡単に説明します。

バスバーはG線側にあり、共鳴版の補強の意味と、共鳴版が全体で振動するための働きをしています。
主に低音部の確保のためと思われます。
大きな振動数を確保するためでありますので、E線側に付けるよりも、G線側にあるようです。
ある本には真ん中に取り付けた実験もしたがあまり良い結果が出なかったと記してありました。
また、E線側には魂柱と呼ばれる、表板と裏板を繋ぐ柱が立っています。
E線の弦張力はG線のよりも2倍ぐらい強いのでこのような、
しっかりとした柱で支えてあげる必要がありますし、E線側は高音部を担当しますから、振動数は
高くなりますので、このような細い柱が適していると考えられます。
また、表板の素材は一般的に、スプルースで比較的柔らかく、低音部を出すのに適しており、
表板は楓でスプルースよりも硬く、高音部を出すのに適していると思われます。
魂柱により、E線側の高音部を硬い裏板に響かせる構造は努めて合理的だと考えられます。

このことを踏まえて、まずはバスバーによるカウンターバランスを考えてみます。

b.jpg
(バスバー:表板に取り付ける力木。取り付け位置、寸法、隆起の形も全てフォノグラムで
 自動的に決まります。後で詳しく説明します。)

バスバーによるカウンターバランスはシュパヌングという技法で知らてています。
バスバーを共鳴版に合わせてピッタリ取り付けるのではなく、バスバーの両端を0.5mm~1.0mm浮かせることにより
共鳴版の中央部に下から圧力がかかるようにするわけです。
こうすることにより、弦長力のカウンターバランスを構成することができるわけです。

これは一般に言われていることですが、シュパヌングをキツくかけすぎると、楽器はならなくなってしまうようです。ここでフォノグラムが役に立ちます。

バスバー1
(どのくらいのシュパヌングをかければいいのか?なにか計算する方法はないのか?)

g syupu drd maue

前回までに、共鳴版の上から圧力を少しずつ加え、フォノグラムの変化を観察してまいりました。
そこでわかったことは、圧力を1音加えるごとに、格子の分割が2倍になるということでした。

ということは、共鳴版を裏から押して、フォノグラムの格子の数をカウントすることによって
表から掛かる弦聴力に正確に均衡する位置を計算することができます。
それによって、バスバーの最終的なシュパヌングを決定すればいいわけです。
全て組み上げた時にはこのカウンターバランスによって、弦張力によって生まれる共鳴版の歪みを
ゼロにしてしまいたいわけです。

uraosi.jpg
(裏から押して、フォノグラムを調べる。格子の数を数えて、
 どれだけのシュパヌングをかければいいのか計算することができる。)

バスバー カウンターバランス
(共鳴版を裏から押して、適切なところで止める。出来たその隆起を正確にバスバーに転写する。)

補正syupa

紫のラインが圧力をかけていない状態の共鳴版の隆起、美織のラインが圧力をかけた状態の共鳴版の隆起です。
緑のラインにあわせて、バスバーの圧着面を整形し、最終的に圧着した状態で、共鳴版が格子パターンになっていて、逆からの圧力の分だけ余分に格子の数が増えていればいいわけです。

修正後

粘り強く何度も繰り返して合わしていきます。
今回はこの格子数で圧着することにしました。



このように、フォノグラムを注意深く観察すれば、新たな観点を持つことができます。
何をどうすればいいか(因果関係)が合理的にわかるようになります。

何艇か作って、少しずつ格子の数を調整してデータを取れば、
最適なシュパヌングを探すことができるはずです。
2~3年はかかると思います。

このほかにも考えるべきカウンターバランスがあります。
このバスバーのカウンターバランスはその中でも最も簡単なものであるように思えます。

次回は、バスバーについての若干の補足と、バスバーを取り付けた後の共鳴版のフォノグラムを
調べてみたいと思います。





はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします















スポンサーサイト

Comment

一番上の画像は、自由ヶ丘ヴァイオリンのサイトのものですね?許可を取って使用されていますか?
  • 2012/07/16 16:05
  • サブリナ
  • URL
Re: タイトルなし
> 一番上の画像は、自由ヶ丘ヴァイオリンのサイトのものですね?許可を取って使用されていますか?
 すいません。許可がいるんですね?
 削除しておきます。
  • 2012/07/16 17:00
  • 磐座(イワクラ)のおにょ
  • URL
2011年10月ピカソと皮膚(5)の回で使用している一番目のネックを後ろから捉えた写真もそうですね。また、こちらでは「クレッシェンドカット」と書かれている言葉も、これはあくまで推測ですが、同じく自由が丘ヴァイオリンの「クレセントカット」が元ではないですか?

ブログを拝見させていただき、研究は大変素晴らしいと思いましたが、断りが要りますよと書いていなくても、人様のものを自分の研究の成果のように披露されるのはどうかと思います。逆にせっかくの内容の信ぴょう性を落とすようなイメージにも繋がりかねず、もったいないと感じ、おせっかいながら書き込みさせていただきました。
  • 2012/07/16 18:26
  • サブリナ
  • URL
すいません ありがとうございます。

自由が丘ヴァイオリンのサイトは勉強させていただいています。
また、著書の方も尊敬しています。
いつかメールさせていただこうとも思っておりました。

ブログ運営に不慣れなため、不快な思いをさせてしまって大変申し訳なく思っております。
以後気をつけます。

ご指摘 大変感謝しております。
  • 2012/07/16 19:26
  • 磐座(イワクラ)のおにょ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。