FC2ブログ

今までと これから

  • Day:2012.07.02 20:15
  • Cat:雑感
ura4.jpg
(フォノグラムを元に、薄皮を一層づつ剥いでいく様子。
 現実の距離はたった0.5mmなのですが、音の世界の距離では何kmにも感じます。
 0.5mm進むのに、丸一日かかりました。目標まであと薄皮一枚というところです。)




約一年以上かけて、「フォノグラム」の世界を紹介してまいりました。
導入という意味では、今回の「形の科学会」発表という形で一応、終了にしたいと考えています。
「形の科学会」で発表した内容の、より詳しい内容が、今までのブログ記事に書かれていると思ってください。

今までは、フォノグラムがどういうものなのか?ということを、なんとか説明したり、証明を試みる
ための示唆を巡らしたりすることが多かったように思います。

正直、説明することに疲れてきているということもありまして、これからは、「フォノグラム」を利用すれば
一体何ができるのか、この情報を元にすればどんなことができるのか
ということを具体的に示していきたいと思います。


私の主な研究は、

①数学

フォノグラムの数理表現の可能性を追求すること

②楽器制作

実際に、フォノグラムを利用して、楽器を作り、音と形の関係を明らかにすること

*正直、ヴァイオリン製作者がヴァイオリンを作る動機とはかなり違います。
 良いものを作るというところでは一致しますが、私が一番知りたいのは
 その基本原理なのです。それが解れば、自動的に良いものはできるはずです。*

③東洋医学研究

これも音と形の関係を明らかにするという意味では楽器製作と同じですが
人体のほうは「動的な形」だということです。

また、人体における音と形の関係は、
そのまま精神と肉体の関係を解明することにつながります。

私は、異分野の境界上にあえて身を置くことによって、専門の中に安住していては
決して見いだせないであろう「統合の視点」を自分の中に育てようとしています。



「舞踏する星を生むためには 汝、自らのうちに混沌を残しておかなければならない」
 
                              ニーチェ

次回からは一応、新展開のつもりで記事を書いていくつもりです。
しばらく、「形の非対称性」と「カウンターバランス」についての考察をしていきたいと思います。

フォノグラムを利用することにより、
どのような考察が可能になるのかをお見せできると思います。


 はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします
スポンサーサイト

Comment

新しい学問の扉が開くようで、楽しみです。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。