FC2ブログ

「形の科学会」 事後報告 ②

  • Day:2012.06.21 00:15
  • Cat:雑感
スライド34


発表が終わるやいなや、矢のような質問攻めに会いました。

予期してはいたのですが、質問内容はおよそ以下のとおりです。

このフォノグラムをどのようにとっているのか?
それは、主観的なもので、客観性がないのではないか?

というものです。

確かにそうです。

しかし、本当のことを言ってしまえば、
フォノグラムは、主観的でも、客観的でもないものです。

主客未分化な意識状態で起きる現象なので
答えに窮しました。

そう言う意味では科学ではないのかもしれません。

しかし、嘘も言っていません。

そして実際その方法で楽器ができてしまうので、
厳然たる物理のはずです。


ここのところは永久に埋まらない溝かもしれません。

そもそも科学とはなんでしょうか?

この話はここで終わりにしておきます。

私は、この現象を科学的に説明できるように努力していますが、
既存の科学概念に無理やり当てはめて考えることには異常な抵抗感があります。

まさか、今知られている科学の事実だけで、
自分の生命を説明できると本気で思っている科学者はいないでしょう。

質問の内容よりも、質問のされ方や、質問者の表情を見ているうちに
もうしゃべる気が失せてきました。

その後、昼休憩になったのですが、私は明らかにイラついていました。

私;「もう帰ろうか?これ以上いても無駄だ。」

でん:「しょっぱなやし、こんなもんちゃいます~」

私;「失敗したな~、物理学者と工学者はなるたけ避けたかったのに、なんでこんなにおるん?」
  「選んだ学会を間違えたかな~、それにシンポジウムの割には内輪な感じだし。」

でん;「無理っすね~」

私;「クソ! (-_-メ) 」

 「大体、俺にこのフォノグラムの説明義務はない。いっそ辞めてしまえば楽になるんだ!そうだろ?」

でん;「ま~しょっぱなやし、練習ということで。」

私たちは、ブースに楽器を展示していたのですが、さっさと片付けて京都に戻るつもりでいました。



朝、楽器をブースに搬入していたとき
それを見た学生さんたちはみな声を揃えて

「スゲー|||」

って言っていました。

これがまともな生き物の反応なはずなのです。


場違い、、、、、、。



私たちは落胆と共に、楽器を片付け始めました。



すると、そこに一人の同年代くらいの方が声をかけてきました。

つづく

はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします









スポンサーサイト

Comment

続きが気になる!!
  • 2012/06/21 05:24
  • zoe
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめtyaiました【「形の科学会」 事後報告 ②】
発表が終わるやいなや、矢のような質問攻めに会いました。予期してはいたのですが、質問内容はおよそ以下のとおりです。このフォノグラムをどのようにとっているのか?それは、主観的なもので、客観性がないのではないか?というものです。確かにそうです。しかし、本当の...
  • 2012/06/21 08:59
  • URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。