FC2ブログ

フォノグラム解析 「形の科学会用」 ③

s-28 古代文様とフォノグラム
スライド28

今回、このことにはあまり触れませんが、色々なフォノグラムパターンを見ていきますと、
古代の文様、世界のあらゆる文化に見られる模様、宗教的シンボルなどを彷彿とさせるものが多く見られます。


s-29 ナスカの地上絵

スライド29

s-30 ケルトの渦巻き

スライド30

s-31 曼荼羅

スライド31

まるで古代人は、このフォノグラムを知っていたかのようです。

現代人が忘れてしまった、人間が本来持っていたはずの能力なのかもしれません。

フォノグラム:音図をキーワードに研究を進めていきますと、
このように全く関係のないものが、意外なつながりを見せ、
新しい知見を得ることができます。

昔から、ヴァイオリン制作研究は、科学、魔法、芸術が衝突する「場」であると言われてきました。

まさに、このフォノグラムこそが、この「場」そのものであると思われます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
s-32 Conclusion

スライド32

「音」の情報から「カタチ」が決まるということに着目し、
それによって楽器の新しい制作法を紹介いたしました。

また、人間の身体の皮膚膜に着目した時、東洋医学の鍼灸理論などは、
膜の音を同じにしていくという楽器制作の方法と
全く同じ原理的説明が出来ることを見てきました。

楽器の経絡がフォノグラムであり、身体のフォノグラムが経絡である

ということを見てきました。

すなわち、フォノグラムを解析していけば、
これらを同じ観点から研究することが可能であることを見てきました。

そしてそれは、言い方を変えれば、「膜の科学」と言ってもいいと思います。

「膜の音が同じ」ということは「膜の張力があらゆる場所で一定である」ことと同じです。

「膜の張力があらゆる場所で一定である」ことから何が言えるでしょうか?

スライド33

全体として、統一体になっているということが結論づけられるのです。

楽器はフルボディーで鳴ることができ、身体は、その全体性を取り戻すということです。

この身体の全体性の回復を、俗に、「自然治癒力」が最大という言い方で説明されています。

身体における、自然治癒力最大の状態のフォノグラムは、まるでマンダラのような図形になります。

このパターンになるようにヴァイオリンの音づくりをしたら一体どんな音を出すのでしょうか?

このような方向で「理想の楽器」を追求しています。

そして、それは、共鳴版のすべてのタッピングトーンの周波数特性がホワイトノイズになることであり、
その時のみ、フォノグラムはマンダラ図形になります。

フォノグラムの渦がひとつにまとまり、その中心が丹田と言われるものの正体なのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

s-34 展示コーナーにて
スライド34

今回、30分弱という限られた時間内では、我々が、何をしているのか、ということを伝えることが精一杯でした。

詳しい話や、厳密な話は、何をしようとしているかわかっていただけなければ
何の意味も持ちません。

実際に、この方法で作った楽器をブースに展示しております。

フォノグラムを実際取るところや、楽器を削るところなどお見せできると思います。
なにかご興味もたれた方は是非お越しください。

まだまだ、科学と言えるような水準にまで研究が進んで
いるとは思いませんが、
何らかの間接的証拠は示すことができると思います。

この研究をすることによって、
今まで科学で扱うことができなかった領域を増やすことができればと考えております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

s-35 fin 御清聴ありがとうございました
スライド35





はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします





スポンサーサイト

Comment

宜しくお願いいたします。
始めましてと言うか昨日簡単に質問をした齋藤です。ぶしつけなコメントで申し訳ございませんでした。私は、歯科医師の代理でメールやブログを担当している者です。その方は、メール等一切できませんので代わりに書いております。
ここからは先生の質問です。
今年に入り仕事で音のことを調べていた時に、フォノグラムのことを知りました。それ以来たまにブログを拝見してまいりました。今回「フォノグラム解析 形の科学会用」を拝見しました。とても興味ある発表をありがとうございました。
質問がございます。
バイオリンを叩いて音の波形を象りフォノグラムの図形として描いているのかとおもわれますが、人体の図形にもフォノグラムの図形を描いていますが、人体を膜として見ていると書いてありますが、部位に分けてどのように叩いて、どのように描いているのですか?何か機械とか道具お使って数値を出して描くのですか?もしよろしければ計測方法もあればお教えいただければ幸いです。どうぞ宜しくお願いいたします。齋藤眞美子
  • 2012/06/16 09:37
  • 齋籐眞美子
  • URL
Re: 宜しくお願いいたします。
> 始めましてと言うか昨日簡単に質問をした齋藤です。ぶしつけなコメントで申し訳ございませんでした。私は、歯科医師の代理でメールやブログを担当している者です。その方は、メール等一切できませんので代わりに書いております。
> ここからは先生の質問です。
> 今年に入り仕事で音のことを調べていた時に、フォノグラムのことを知りました。それ以来たまにブログを拝見してまいりました。今回「フォノグラム解析 形の科学会用」を拝見しました。とても興味ある発表をありがとうございました。
> 質問がございます。
> バイオリンを叩いて音の波形を象りフォノグラムの図形として描いているのかとおもわれますが、人体の図形にもフォノグラムの図形を描いていますが、人体を膜として見ていると書いてありますが、部位に分けてどのように叩いて、どのように描いているのですか?何か機械とか道具お使って数値を出して描くのですか?もしよろしければ計測方法もあればお教えいただければ幸いです。どうぞ宜しくお願いいたします。齋藤眞美子

メールありがとうございます。
本日の学会発表でもそのことが争点になりました。
予想はしていたのですが、、、。
嘘を言っても始まらないので、本当のことを書きます。
フォノグラムは「気感」を通して観ています。
いわゆる共感覚のようなものでしょうか?
私は、意識を相手に集中しただけで、経絡が見えます。
それを書いたものがフォノグラムです。
しかし、それは物理的なタッピングトーンと確かに対応しているのです。
客観的計測ができるのか?
 
残念ながら、今のところあるともないとも言えません。

ただし、私の単なる個人的能力といって
片付けてしまうようなものでもないと思っています。

学会の事後報告もブログでUPしたいと思います。

今は、本当のことを正直に伝えていくということしか出来そうもありません。
質問の答えになっていないと思いますが、
今はこのように申し上げるしかございません。

せっかくメール頂いたのに、大した返事もできなく申し訳ありません。
ブログをはじめの方から読んでいただきましたら、何かヒントが見つかるかもしれません。






  • 2012/06/17 00:36
  • 磐座(イワクラ)のおにょ
  • URL
斎藤様

カテゴリーの東洋医学が参考になるかもしれません。
  • 2012/06/17 00:49
  • 磐座(イワクラ)のおにょ
  • URL
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/06/17 09:10
Re: ありがとうございました。
半年後の「形の科学会」は東京農工大で行われます。
今後もぜひ参加して欲しいという言葉を、前学会長様からいただくことができました。
君ぐらい刺激的な方がいいと。

まだどうなるかわかりませんが、これからいろいろなところで発表していきたいと考えております。

またFACEBOOKをブログにリンクさせていますから、そちらの方も参考にしてください。

できれば、科学、これは「万人の学」と言う意味ですが、
そういうものにしていきたいと考えております。

よろしくお願いいたします
  • 2012/06/17 19:00
  • 磐座(イワクラ)のおにょ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめtyaiました【フォノグラム解析 「形の科学会用」 ③】
s-28 古代文様とフォノグラム今回、このことにはあまり触れませんが、色々なフォノグラムパターンを見ていきますと、古代の文様、世界のあらゆる文化に見られる模様、宗教的シンボルなどを彷彿とさせるものが多く見られます。s-29 ナスカの地上絵 s-30 ケルトの渦巻...
  • 2012/06/19 21:29
  • URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。