FC2ブログ

フォノグラム解析 「形の科学会用」 ①

スライド1

「形の科学会」におきまして、今回発表させていただくプレゼンを
そのままの形で掲載します。

本ブログのダイジェスト版のようなものです。

これを読み終わった後、ブログを再読していただけたら理解が深まると思います。
カテゴリーのプレゼンテーションの記事を圧縮した内容になっています。

なお、時間の関係で数学的な内容を大幅に削ることになってしまいました。
この部分についてもUPしたいと思います。

全3回と カットした部分1回(数理的内容)の計4回にわけてUPします。


サムネイルはプロジェクターに移す画面です。
文章は、発表の台本です。
*以下はオフレコで”意図”を示しています。

参考にしてください。



それでは始めます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


s-2 Introduction
スライド2


この研究発表は「音の図形」、フォノグラムについての研究発表です。
「フォノグラム」という言葉は、我々の造語で、

phonon(フォノン;音響量子)と graf(グラフィック)

を合わせたような意味を込めています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


*ここでいきなり「フォノグラム」を見せる。
楽器のフォノグラムと身体のフォノグラム、
経絡図が同じであることを絵的に印象付けてしまう。 
「経絡の正体は音図か?など」。*


S-3 ヴァイオリンとフォノグラム
スライド3

S-4 人体のフォノグラムと経絡
スライド4




まず、説明をする前に、フォノグラムとはなんなのか、実際に見ていただきたいと思います。
以下がそれです。

S-5
スライド5

S-6
スライド6

S-7
スライド7

S-8
スライド8

S-9
スライド9

S-10
スライド10

S-11
スライド11

S-12
スライド12

ものを叩いた時に出る音をタッピングトーンといいます。

タッピングトーンは複数の音の重ねあわせですので、その中の一番良く聞こえる音を代表のおととし、
その分布図を示しているものがこの図形です。

「等音線」を重ねて書いたものとも言えます。

上の図は、ヴァイオリンのフォノグラムです。

人間の身体も叩くと同様に音が出ますので、フォノグラムが書き取れます。
どうやら、この音の線を繋いだものが東洋医学の経絡のようです。
それでは詳しく説明してまいります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
s-13 楽器の製作法
(s-13 左右対称に作られたヴァイオリン)


スライド13

ストラディヴァリに代表されるヴァイオリンの名器、その制作法は、いまだ謎に包まれたままであります。

現在までに様々な研究がなされてきましたが、ほとんどの製作者は、名器と言われているヴァイオリンの「型」を正確にコピーすることによって、その楽器の「音」の秘密に迫ろうとしてきました。

言うなれば、「カタチ」から「音」の秘密に迫ろうとしてきました。

*左右対称でなければ意味がないとでも言わんばかりに、正確に作られた楽器の例を見せる。 また、ストラディヴァリの楽器で、わざと左右非対称なものをコピーしたものも見せる。いずれにしても、その発想は「カタチ」から「音」を作るという発想の中にあることを強調。*






いずれにせよ、当時のクレモナヴァイオリンを超えるものは作られていませんし、
普遍的な原理原則については何も分かっていないというのが現状です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


s-13 共鳴版のフォノグラム

スライド14

実は、ヴァイオリンのあの美しい「カタチ」は「音」が決めた「カタチ」だったようなのです。
共鳴版の音を全面に渡って揃えていきますと、自然とあの「カタチ」が浮かび上がってきます。音が揃っていく過程が「フォノグラム」の図形変化として捉えることができます。
パワポ;楽器に直接書き込んだものを中心に


S-14
スライド15


*実際のフォノグラムと共鳴版の変化の図形をゆっくり説明しながら見せていく。
基本的に中央部分と周辺部分の「音の響き」が違うことを、実演を交えて、強調する。*


S-15

スライド17

フォノグラムの図形が整っていくに従い、ヴァイオリンの形が勝手に出来上がってきます。
フォノグラムは等音線ですから、フォノグラムが綺麗に整うということは、共鳴版上の音がすべて同じタッピングトーンになるということです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
s-18 「音」から「カタチ」へ
スライド18


つまり、「音の変化を視覚的な図形に翻訳して、それを頼りに、楽器を作っていくという試みをした」
ということになります。これは、従来の「カタチ」から「音」という発想の逆転の発想になっています。
すなわち、「音」が作り出す「カタチ」を研究していく。ということになります。

フォノグラムとは、「音」の分布図のようなものです。

再度説明いたしますが、何かものを叩いた時に出る「共鳴音」
これをタッピングトーンと言いますが、この共鳴音を耳で聞き取って、
共鳴版の各場所ごとの、音の情報を正確に記したものと考えてください。

*図で説明、詳しい説明は、実演するしかない。直感に響かせなければ意味を持たないだろう。*

タッピングトーンの実演等


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします




スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/06/15 19:12
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。