FC2ブログ

思い出アルバム ~魔法の記憶~ (1)

f5.jpg

福永さんの工房;ここで研鑽を積みました。
私が彼から学んだことは、「魔法」でした。
「生命の樹」を我々は探していたのです。

f2.jpg

我々の15年は大変美しいものでした。
「神話」の中を二人で旅していたような気分でした。
地上におけるどんな特権よりも、私はこの研究に出会えたことを幸福に思います。

f1.jpg

彼との会話はいつも研究の話でした。
私たちは日が暮れるまで、芸術、科学、哲学、宗教について語り合いました。
いつも 真、善、美 がそこにはありました。

f4.jpg

彼は、楽器制作と音楽をこよなく愛していました。
数学の美しさと芸術の美しさに同じものを感じていた私は、フォノグラムにすぐに引き込まれました。
知らず知らずのうちに不思議の国に落ちていったのです。

f12.jpg


彼との出会いは、学生時代、郵便局のアルバイトでした。
私は、たしか、リチャード=ファイマンの物理学の本を読んでいました。
そこへ彼がやってきました。

f6.jpg

当時の私は、デカルトのような革命的な仕事をしたい、命懸けで真理を探し当てたいと
本気で考えていました。
そしてそれができると信じていました。

出会ったのはそんな時でした

f7.jpg

なんでもヴァイオリンを作っているらしく、作っているうちに不思議な能力を手に入れたとか。
相手に触れるだけで悪いところが分かるといったのです。
私は、半信半疑でしたが、どちらかというと、そういうこともあっても良いと思っていました。
次の瞬間、驚きました。
私の両膝の手術のことを見事に当てられました。
これにはビックリしたものです。

f8.jpg

私は「気」というものの実在性を、身をもって体験したのでした。
今までの常識が音を立てて崩れていきました。
そしてこれが自分の進むべき道だということも、すぐに直感しました。

その時、彼の見ていたものがフォノグラムだったのです。



はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします










スポンサーサイト

Comment

いろいろなつらい思いをなさっているようですね。
おにぉさんのブログは、大好きなドイツ文学の香がします。それはなぜだか分らなかったんですが、
「真、善、美」「芸術」「哲学」こういうキーワードからでしょうか。
目に見えないことを証明する大変さは計り知れないですね。
いつの時代のどんな学問も「人間が人間をわからなくて幸せなんだ」って終わっていました。おにょさんの切り口は素人でも斬新に見えます。この素人というのがポイントです。そして直観もでしたね。
数学的に証明しようとするなんて、素晴らしいです。
  • 2012/05/15 15:21
  • メロンボール
  • URL
ドイツ文学の香り
そうなんですか~自分では全然気がつかなかったです。
わたしは「哲学」的であることを隠そうとするきらいがあるようです。軽く見せたいのです。できてませんが、、、。

「もし真実ならば、誰でもわかるはず」
という信念のようなものはあります。
「素人」とは「素直な心の持ち主」のことですね!
わたしはそのような人たちと分かち合いたいのです。
  • 2012/05/15 21:02
  • 磐座(イワクラ)のおにょ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。