FC2ブログ

要するに 「膜」の研究をしている訳です。(2)

手太陰肺経A


仮説

「人体の皮膚膜の緊張度を身体全面に渡り、一定にすると、人間は病気ではなくなる。」

これは、大胆な仮説ですが、このことを知っていた古代人が経絡理論を開発しました。
東洋医学の大系は、「この病気にはこの経絡」というような経験からくる、対処療法的な記述をとっていますが
私は、この体系は、大勢の人の経験を積み重ねたものではなく、ある個人が独力で作り上げたものではないかと考えています。(もちろん、違うかもしれません。)
その概念的説明に苦労して、対処療法的な記述に甘んじたのだと思います。
なにせ、理屈が欲しいのは、実際に病気になった時に限るのですから。
ここで健康というものをもう一度考えてみましょう。

何を持って健康というのでしょうか?

病気でないというのは、消極的健康です。
西洋医学は、戦争と共に発展してきた経緯があります。
したがって、西洋医学で治ったというのは、戦地で使える程度に治すという意味と考えていいでしょう。
実際、社会生活も戦場のような側面を持っています。
現代医療における健康という概念もその程度だと思います。

東洋医学では、「未病」という発想があります。
病気に至る前にその元を消してしまう発想です。
これは、より積極的な医療です。
運動、食事などに気をつけるということです。
この中に経絡を整えたり、皮膚の緊張度を一定にすることも含まれると思います。
乾布摩擦もその一種ではないかと考えられます。

DSCF0108.jpg

*実際に、皮膚をこすると音が変わるのが確かめられます。
ピンポイントで皮膚張力を変更させる方法が「針」であったり「灸」であったりするわけですが、
緊張の変化を引き起こすことができればなんでもいいわけです。
その中に「意守」という方法が含まれます。*


私はさらに、積極的な健康というものを、「能力開発」と考えていいのではないかと思います。

フォノグラムの音を聞きとる能力もその一つです。
誰でも、超健康になりさえすればできるのです。
残念ながら、現代社会における喧騒の中で、この能力を維持することはできません。

ちなみに私は毎日4時に起きて、2時間ほど自分の身体の調整をしています。
これを一日でも怠れば、すぐに音が聞けなくなります。
さらにひどくなると体のあちこちが痛みだします。
さらにさらに悪くなると、痛みが麻痺して、何も感じなくなります。
感受性そのものがなくなってしまうのです。
これが老化するということなのですが、私はこれに全力で逆らっているつもりです。

これが

皮膚膜の緊張力を一定にすること

で可能にできるのです。

ここに、ヴァイオリンの名器の秘密、経絡やツボという概念の謎、人間の隠された能力の秘密を探る鍵があるのです。

fig42.jpg

*楽器と身体を「膜」という構造から考え直してきましたが、両者は決定的に違うところがあります。
それは、身体の方は常に動いている、流動しているということです。
このことにもいつか言及しなければなりません。
「渦」が流動する姿は、木星の赤斑の動きを連想させます。
非線形科学が扱う領域です。*



はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)