FC2ブログ

要するに 「膜」の研究をしている訳です。(1)

njuhg_20120511150551.jpg

楽器の共鳴版を創るにしろ、皮膜を利用した整体技術(鍼灸や経絡治療)にしろ、
次の問題に還元することができます。

「どうすれば、「膜」の張力を同一一定にすることができるか? 」

また、部分の張力の違いは、そのタッピングトーンに対応しています。

膜でなく、一次元の弦張力の場合は、お馴染みです。
弦の張力と音の振動数を対応させたものの代表がギターという楽器です。

膜の聴力とタッピングトーンが対応しているので、

「膜の聴力を同一にすることは、膜のタッピングトーンをすべて同一にする」

ということになります。

ですから、膜上で一番張力にギャップのある2点を探します。
当然「音」が違うわけですから同じようになるように削っていきます。

*たいてい 全体の共鳴状態よりも遅れている場所はタッピングトーンに含まれる音列が少ないです。
 どちらを削るか判断が難しい時こそ、フォノグラムが役に立ちます。*

共鳴という現象は、全体性と局所性の両方の情報を同時に持つことができるという面白い物理的性質のものです。
こういった性質があるから、「音」が「形」を創り得るのだと思います。

フォノグラムというのは基本的には、

「膜の任意の2点の状態を一緒にするためにはどうすればいいのか?」

という単純な発想が元になっています。
ですから、注意深く2点のタッピングトーンの違いを聞き取れさえすれば誰でも出来ることなのです。
それができれば、あとは熟練の問題です。

タバコを箱詰めする仕事に従事する方で、一掴みで正確に10本掴める人がいるそうですが、
それと同じことです。

この膜状の2点のタッピングトーンを正確に振動数ごとに書き記し、周囲と同連絡しあっているのか
を調べたものがフォノグラムです。

njuhgss_20120511150648.jpg


膜の張力を均一にすることは 膜のタッピングトーンを全て同一にすることと同値です。

また、膜の各部のタッピングトーンの情報を詳しく調べたのがフォノグラムですから、
タッピングトーンの変化とフォノグラムの変化は対応しています。

膜上の各点におけるタッピングトーンが均一でない時、フォノグラムの渦が多く見られます。

また、膜上の各点におけるタッピングトーンが全て揃う時、渦は中心ひとつにまとまり、そのときの
音響特性はホワイトノイズ型になるというのが私の予想です。

膜の緊張力
膜状のタッピングトーン
フォノグラム

がすべて対応していることから、フォノグラムの図形変化に着目して、膜の張力を均等化する研究が
フォノグラム解析研究です。

この図形変化を観察していきますと、複素関数論に出てくる図形変化にあまりに酷似していることに
大変驚いたものです。

いわば、人間の生理反応を元に描き取ったフォノグラムが既に、概念的には存在していたということです。
こういうことは、科学の進歩においてはよくあることらしいですが、
とにかく初期の研究は、この類似性の謎を解くことが中心だったと思います。

jjikiki.jpg



はじめての方へ *本ブログの内容説明


うまく調整すれば 人体からも同じパターンを作ることができます。
この時、肉体に対応する意識の状態がガラッと変わります。
このことに言及するには、まだ用意が必要です。

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします







スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。