FC2ブログ

音楽と、粘菌と、フォノグラムと (3)

gfi1.jpg

さて、フォノグラムの調整が音楽そのものであることを見る前に、もう少し共通部分について考えておきたいと思います。
共通部分には、異なる協和音列集合の要素が同時に含まれるため、不協和音列集合になります。
ここで、初めから、共通部分の領域に身体を共鳴させます。
つまり、共通部分から線を引っ張っていきます。このとき、Aの領域に入っても、Bの領域に入っても
線は曲がることはありません。なぜなら、不協和成分が初めからないからです。それはそうです。
AもBも、共通部分の部分集合なのですから。

無題fffff

音列の少ない領域を削ることによって、音列を増やしていくことが、渦を消去することになります。
これは共通部分の喪失を意味します。つまり同一の領域になったということです。
フォノグラム空間は、板の各点の近傍における音列集合要素のハリ合わせで構成されていますが



「音列を増やしていく」

ということと

「渦を減らしていく」

は同値の言明だということになります。


しかし、渦を一つ残らずなくすことはできません。
なぜなら、渦こそが全ての音を含んでいるはずだからです。
それは全ての領域の共通部分ということができるでしょう。

これが

「渦が一つにまとめられる」(丹田ができる!)

ということと

「共鳴版の音響特性がホワイトノイズになる」

ということが同値であるはずだという意味です。

つまり、フォノグラムの操作においては、

「渦」を消していきさえすれば、いつか一つにまとまる

ということがいえます。(なんて簡単!!)

実際のフォノグラムの変化は、ある領域の不協和成分(ノイズ)をなくすように削ると、全体の共鳴状態がガラッと変わってしまうため、協和状態であったはずの領域が不協和領域になったり、不協和状態だった領域が協和状態に反転してしまうことがよくあります。
この全ての領域を矛盾なく協和状態にするには、共鳴版の各点において、音列を極限まで増やしていけば可能になります。

そのフォノグラムの変化は、まさに音楽そのものです。
本題に入る前に終わってしまいました。次回に回します。


*だいぶ訳わかめだと思いますが、愚か者のたわごとだと思って適当に流してください。*


つづく

はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします

関連記事

共鳴現象の相対性
共鳴現象の非可換性 (1)
共鳴現象の非可換性 (2)
共鳴現象の非可換性 (3)
共鳴現象の非可換性 (4)
共鳴現象の非可換性 (5)



スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)