FC2ブログ

共鳴現象の相対性について 

g11.jpg
「共鳴現象の相対性をよく表わしたフォノグラム。周囲に共鳴すると中心が崩れる。(赤)
中心に共鳴すると周囲が崩れる。(青) 中心も周囲もないようにしていきます。禅問答みたい!」

楽器のアウトラインの音を合わせると、まるで「音の壁」のようになり、フォノグラムのラインが枠の外にもれなくなります。 
すると、上図のように渦巻きではなく、団子のようなパターンになります。
周辺の部分の音にあわせて(基音にして)音図を描いたものが赤線です。周囲が円のパターンで。中心に行くほど団子の数が増えます。丸からの遊離が団子と考えられます。
丸いほうにあわせるように、団子部分を消していけばよいのでしょうか?
つまり周囲の音を基音として、中心の音を合わせればいいのでしょうか?

今度は、中心部分の音にあわせて音図を描いていきます。青線がそうです。
赤線とは逆に、中心部分が円のパターンで、周辺部分が団子パターンです。
これでは、さっきとあべこべになり、フォノグラムだけ見ていては
どうやって掘り進めて行くのかの指針が決まりません。

実は、これが共鳴現象の相対性を表わしているものなのです。
音楽をやっている方は知っていると思いますが、協和、不協和などの和声法は全て相対的な概念なのです。ですから、基準のようなものは「見方、立ち位置」によってすぐに変わってしまうものなのです。

周辺の音にあわせるように、中心の音を変えるのか?
中心の音にあわせるように、周辺の音を変えるのか?

正解は、中心も周辺もない状態を造ります。
もしくは、同じことですが、全てが中心であり同時に周辺であるような状態にします。

どうやって?

基本的に楽器の外側を成形しているので、中央は削らずに周辺を削っていきます。

すると

g12.jpg

うまくパターンを共有したようです。

このとき、フォノグラムではパターンの共有がおこり、中心と周辺という区別が出来なくなります
こういったことを、難しい言葉で、「シンメトリー(対称性)」といいます。
また、その変化と同時に、木の板が、滑らかな隆起のある形状(共鳴版)に変形しようとしています。
(楽器の内側を掘るときは、逆に周辺の音を基音にして掘り進めればいいわけです。)

*フォノグラムを数理的に扱えるのは、この「シンメトリー(対称性)」があるからです。
 フォノグラムと数学はとても相性がいいのです。
 そして、このフォノグラムのシンメトリーは非常に解りにくい抽象的なものです*

また、このような(周囲と中心が見分けがつかない)というようなシンメトリーは現実世界ではあまり考えられないでしょう。
こういったところもフォノグラムの研究を面白くしている所であり、既存の物理では扱いきれない所でもあるのです。しかし、数学の世界では、決して珍しい概念ではありません。

*最近の宇宙論などは、もはや数学ではないかと思うのですが、いつかフォノグラムの理論が取り入れ
 られるかもしれません。
 これは、私の勝手な持論ですが、宇宙の統一理論なるものは、人間の観測(認識、意識)を含め 
 て扱わなければ、不可能だと思うのです。
(どうやってやるか?)
 デカルト以来の近代合理主義は、明確に形而上と形而下を分けることにより、科学というものを
 発展させてきました。現代物理学もその延長にあります。
 フォノグラムの研究は、どうしても主体(心)と客体(もの)を
 分離して考えることが出来ません。
 しかし、ここには、物理学と同じように美しいシンメトリー(対称性)があります。
 少なくとも、数学にはなりそうです。


この現実世界(時空に拘束された世界)では、音楽は和声法に従い、宇宙は物理法則に従います。
この現実世界では、あくまで共鳴現象は相対的であり、中心が周囲で、周囲が中心という矛盾は
物理法則で禁じられています。

しかし、フォノグラムではそれが可能なのです。(対称性の回復)

そして、なぜかそうすることによってのみ、「木材」を「楽器(生き物の形)」に変形させることが出来るのです。ですから、紛れもない現実世界の話でもあるわけです。

フォノグラムの意味においては、共鳴の「相対性」は解消されてしまい、「絶対性」を取り戻すことが出来るのです。


*ここで「絶対性」という言葉は、「相対性」という言葉の対概念として使っています。それ以上の意味はここにはありません。

つづく

はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします


関連記事

音の壁
魔法の望遠鏡(1
魔法の望遠鏡(2)
魔法の望遠鏡(3)
魔法の望遠鏡(4)



スポンサーサイト



Comment

シンメトリーを出す為の掘り方と中心に合わせてほるか、周辺に合わせてほるかとの違いがいまいち良く分かりません。
そのような掘り方があるというのは分かるのですが。
  • 2012/01/22 11:40
  • つちてる
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)