FC2ブログ

光の表現の歴史的変遷 ~黒体3~

黒体(太陽)の光と、ホワイトノイズ共鳴版の音のスペクトル分布を比較して
その類似性から何が見えてくるかを話題にしてきました。

音で太陽のスペクトル分布を真似れば、それはホワイトノイズになるということを見てきました。
また、いままで、フォノグラム(音図)による楽器制作と、人体の皮膚膜上の張力ギャップの補正が
対応していることも見てきました。

楽器制作で施したことを人体の皮膚膜にも適用してみようということです。

黒体2では

音で太陽を造る

という表題を付けましたが、今回は”人体で太陽を模してみる”とでも表現できるのでしょうか?

全ての皮膚膜状の音を揃える。
そのときフォノグラムの渦は一つにまとまる。
共鳴版ではそれはホワイトノイズになり
太陽の光のスペクトル分布と同じになる

のではないかと考えてきました。

実際に人体のフォノグラムを調整していくと、丹田だけに不動点がある状態になりますし
精神的には非常に穏やかで 明晰になります。
これは内部感覚なので共有することも、確認することもできないものです。
外から見たらどんな感じでしょうか。
そういった状態を、昔の宗教画が表わしていたようです。

2010011420521897c.jpg
アンドレイ・ルブリョフ 「至聖三者(三位一体)」 1410年頃

人体のフォノグラムを調整していきますと、丹田だけに不動点が出来る状態になりますが、
宗教画や仏像の後光はむしろ 胸を中心に光り輝いているように見えます。

肉体(陰)の不動点が肉体の丹田位置にあり、霊体(陽)の不動点が肉体の胸の位置に来る
のでしょうか?
肉体は重力の影響を受ける構造になっていますので中心が丹田位置にあり、
見た目は肉体と同じである霊体は、重力の影響は受けませんから その中心が胸の位置に来るのでしょうか?
はっきりしたことはわかりませんが、昔の絵画や美術品にその痕跡が見られます。
彼らは、空想を書いていたのではなく、何らかの事実をそのまま書き表そうとしたのでしょう。

ルネッサンス以降、科学合理主義の芽生えとともに、このような表現は非合理な表現とされてきました。光というものを五感の外でしか感知し得ないものとして扱い、その忠実な表現に移行していきました。射影幾何学のような数学が生み出されたことはそのような背景があったからです。

vermeer23.jpg
(光の画家 フェルメール 射影幾何学に忠実な光の表現)

われわれは科学文明の発達の極点にいますが、何かを見落としてきてしまったようです。
それを、拾いつむぐことができるでしょうか?

フォノグラムの研究はそれを可能にするでしょうか?

はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします

関連記事

心と体
楽器制作と東洋医学の接点


スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)