FC2ブログ

フォノグラム 物理学からの類推 (2)の1 ~流体?~

vvvvvv.jpg

上の図はヴァイオリンの音図 フォノグラムです。
これは 等音図とも言うべきものですが、ベクトル場のような流れがあります。
下の図は、等音線に沿ってベクトルを書き込んだものです。
図の全ての点にベクトルがあると考えてください。

nnnnn.jpg

渦の中心は 音圧(天気の気圧で類推してください)が最も高い場所です。
それのついになるように 音圧のもっとも低い所もあります。

音の分布図がフォノグラムですが 音名とは つまりは緊張度の違い(基準音からどれだけ離れているか)にラベルを付けたものですからベクトル場の考えと別に矛盾はしないわけです。

よくよく考えてみれば、加(速度)なども 空間の緊張度の変化と考えることができます。

微分を 緊張度の変化と読み替えれば 等音図であるフォノグラムの解析にも有効に使えるはずです。


はじめ フォノグラムを見たとき 雲の流れや対流などの天気図を想起しました。

20091007.jpg

天気図は 地球の自転による偏西風などによって変化が引き起こされますが
フォノグラムの場合、こちらが意図的に介入することにより 変化を引き起こすことができます。

楽器の場合は、共鳴版を彫れば 全体の音の分布ががらりと変わります。(静的フォノグラム)
人体の場合は、治療点(渦や白点)に刺激を与えれば変えることが出来ます。(動的フォノグラム)

フォノグラムの動きを連続的に追っていけたら たぶん天気図のように動いていると思います。
(残念ながら、それを確認することは出来ません)

wea-080305-2fig1.gif


気象の動きや 水の流れのような 物の流れを扱う学問が流体力学という分野です。

そして 流体力学の基本方程式がナビエ=ストークス方程式です。

nabie sutokusu houteisiki

ナビエ=ストークス方程式の最大の特徴は わずかの対称性も持ち合わせていないというところです。
保存量も体積以外はありません

体積さえ一定に保つような変形ならどんな変形も許すということです。

ここでフォノグラムを流体であると仮定するとおかしなことになってきます。
フォノグラムには体積がありません。
そもそも体積がないのに流れがあるはずもありません。

しかし その挙動は流体(天気図)そっくりです。

ここは 体積ゼロを保つ流体なるものを強引に考えてみたいと思います。

06-02カルマン
(カルマン対流  フォノグラムでも時折出てくる幾何学パターン)

つづく

はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします




スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)