FC2ブログ

平田内蔵吉と熱鍼快療術 (2)

2abc94e6425ea046e201941fda0aa765.jpg


平田内蔵吉はその著書「平田式心療法」において次のように述べています

この療法は私たちの発明でもなければ、発見でもない。数千年来行われた鍼灸の秘儀を、現代科学の立場から改良し、かつその原理を科学的に闡明し、さらに他の治療との関係をできるだけ調和的にしただけである。(中略)
この秘法を医師法や、鍼灸師取締規制に絶対に触れないで、だれでも行いえるよう開放した点にあるのみである。


大正時代でも 現代と事情は変わらなかったようです
高額な医療費 根本解決にならない治療 法的な規制で何もさせてくれない現状
彼が 本当にすごいところはこういった現状の中
術を市民に開放した点に尽きると思います

彼ほどの 技と見識があれば 治療して”ただお金を稼ぐ”ことは容易いことであったと思われます
そうせずに 医者から市民を開放するための戦いを選んだのです  (少なくとも私にはそう写ります)
彼は 実際 何千 何万という患者を治しながら 治療費などというものは一切受け取らなかった
ということです
(やはり 当時の医学会からは弾圧されたようです)


病というのは 根本的には”依存心”が原因です

いい療法がある いい薬がある いい医者がいる

結局は どんなによいものでも依存させてしまいます
またそこに 商売の入り込む余地があるわけですが
依存心が病気の元だとわかっていれば 患者に依存させることなどできないはずですから
当然 良識のある医者なり治療家は(そういう意味で)儲けることはできないはずです



極力 他人に頼らない方法で 安価で 法にも触れず 誰でもできるようにするという主眼で
開発された「平田式心療法」は 彼の”真の者”としての人柄が滲み出ていると思います

「医は術なり」       *仁 :他人に対する親愛の情、優しさ


何を隠そう フォノグラムを描くことを可能にしている能力の秘密が 
この「」にあるのです

コンピュータがどんなに進歩した所でこの能力を持ち得る事はできません
科学がどんなに進歩しようとも不可能です

「仁愛」をもちえる人間だからこそできることなのです




以下抜粋

これに対して謙虚にして聡明な医学者は、近世医学があまりに人間の身体を部分的に観察し、
これを統一体として取り扱わなかったためであることに気が付いたようである。

(中略)

これは 単なる科学的知識の応用ではなく、微妙な精神作用の働き、同情同感の相対関係、心身統一の
相互保存などの現われと見るべきものである。
(中略)

自分の身をつまんで人の痛さを察し、はい然として起こる同情の念慮から同膀兄弟を治してやりたい
という菩提心を発揮するに至れば、これは人の真心の美しい発露である。


040712-4.jpg


つづく

関連記事

痛むうちは治せます
ピカソと皮膚 (3)
生命形態における保存則 (1) 奇跡のりんご
生命形態における保存則 (2) 皮膚膜の役割



はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします

*ブログ名を フォノグラム(音の図形) に変更いたしました
 副題に 不思議の国のおにょ を入れています

 
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)