FC2ブログ

制作風景 ~音(こころ)が創った形~

生命形態の保存則シリーズは
ちょっと休憩

コーナーブロックの形は その国の伝統によって様々です
丸っこいものから 長方形まで いろいろです
本質的に重要なことは 共鳴版の振動の邪魔にならないようにするということです
また それを満たす形ならばどんな形でも許されるはずです

juju.jpg
(丸っこくカットされたブロック)

振動の邪魔をするとはどういうことかといいますと
振動の腹の部分に何かをあてがうということです
それは振動を殺してしまいます


振動


つまり 共鳴最大の楽器というのは
その形状の全ての構造が振動の節にくる様に設計してやればよい
ということになります
(どうやってやるか?)

jiji_20111118115217.jpg

クラドニ図形は様々な固有振動にたいする
共振時の振動の節を表わしています
クラドニ図形の線上にブロック位置を持ってくるように整形していけばいいわけです
クラドニ図形は 直線格子型 放物線型 双曲線型 同心円など
様々なパターンがありますが いずれも振動の節に当たるわけですから
どれも候補になりえます

fig28.jpg
(双曲型のフォノグラム; 渦のないフォノグラムはクラドニ図形と一致)


fig22.jpg
(渦のあるフォノグラム;振動を殺してしまう構造になっている)

「形」がなければ「音」は存在しませんし
「音」が鳴るということはそこに何らかの「形」が存在するわけです

「音」と「形」は双対の関係にあり 「音」の情報から「形」の研究をしているのが
フォノグラムの研究ということになります

「物」が創る「形」と「音」が創る「形」

同じ形でも中身がぜんぜん違います

このことは人間にも当てはまります

「物」で出来ているのか「音(こころ)」で出来ているのか
あなたという「形」はどっちで出来ていますか?

わたしは 木材が楽器になっていくプロセスと
人間の精神の変容のプロセスが同じ
ではないかと考えています

その変容のプロセスが フォノグラムの図形変化として捉えられるのです



fig24_20111118122724.jpg
(なぜ曼荼羅はあのような構図なのか? フォノグラムを観ていたから?)



関連記事

クラドニ図形とフォノグラム研究 (1)

クラドニ図形とフォノグラム研究 (2)
クラドニ図形とフォノグラム研究 (3)
母元病

はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします
スポンサーサイト



Comment

メロン自身はおにょさんのブログをいつも
人間の構造と重ねて理解している
ので、興味が湧くんでしょうね。
「物でできている」か「心でできているか」
重要ですね。
  • 2011/11/23 11:34
  • メロンボール
  • URL
コメントありがとうございます

人がこの世界をどのようなものと見なすのか
それは 人それぞれが 自分自身をどのようなものと捉えているかで まったく違ってしまいます

世の中を本当の意味で良くするヒントがここにあると考えました
フォノグラムの研究に人生をかけることが出来るのは
そういったことが念頭にあるからだと思います

私にとっては とても幸せなことです

  • 2011/11/23 16:28
  • 磐座(イワクラ)のおにょ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)