FC2ブログ

クラドニ図形とフォノグラムの比較研究 (3)

「なぜ 石の中に 人が埋まっているのを知ってるの?」
出来あがった彫刻を見て 少年がカミーユ(彫刻家)に尋ねる場面 
               映画「カミーユ クローデル」より

彫刻家は 「石の中にすでにあるものを採りだすだけ」
ということを聞いたことがあります

cadana.jpg


石の中に カタチがすでにあるのでしょうか?
それとも 彫刻家のイメージを石の中に”押し付ける”のでしょうか?

そうではなくて 
イメージは 彫刻家と石との””に生まれるのだと思います
その””が実態化したものが作品なのでしょう

フォノグラムは この彫刻家と石との””を
具象化したものに近いかもしれません

*ヴァイオリン制作の場合 この”間”に当たるのが”音を聞いて彫る”
 ことにあたり そのスナップショットがフォノグラムということになります*

IMG_0012.jpg
(子供の描く絵のようにも見えます
子供は 何かの概念を描いているのではなく
描くことによって何かを概念化しているのかもしれません)

それは まだ 完全には実体化されておらず
幾多の可能性を残したままの霞のようなものですが
何かに収束していきます

彫っている主体と 彫られている客体
を中心に議論を進めるのが 通常の議論の進め方ですが

主体と客体の””を中心に話を進めたらどうなるでしょうか?

フォノグラム ”” のほうが先にあり それを利用して彫る行為者(主体)や
それによって出来る楽器(客体)は後に来る様な議論の方法はないでしょうか?

*数学の世界では”圏(カテゴリー)”という概念がありますが 
これに近い感じがします
こういう考え方自体がとても新しい発想のようです 
このような発想は物理学の適応限界を押し広げてくれるものだと思います*

アレイ1


フォノグラムを 既存の物理学や音響学の概念のなかに探すことは出来ません
なぜなら 既存の概念は主客分離が理論の根底にまずあるからです
そういった枠組みには入りきらないのです
かといって そうして出来あがった楽器は 歴然とした物理なわけです

クラドニ図形とフォノグラムの違いは 上述のようなことを踏まえて
考えていかなければなりません


追記* 「人間」も 私とあなたが実態ではなく 私とあなたの”間”が実態だとしたら
    とてもおもしろいと思いました
    「人間」という字はおもしろいですね
     

関連記事  腹(丹田)で聞く音

       魔法の望遠鏡(1)
      魔法の望遠鏡(2)
      魔法の望遠鏡(3)
      魔法の望遠鏡(4)


はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします

スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)