FC2ブログ

制作風景(フォノグラムによる製作法の課題) もも

裏板と 横板を接着することが出来ました  
 
今日は フォノグラムを利用した楽器製作法の
課題点に目を向けてみたいと思います

zure1.jpg

↓は 市販のヴァイオリンです
縁取りが綺麗です ラインが平行に走っているのがわかります

zure3.jpg

↓は 今造っている楽器です 縁取りが並行ではありません

残念ながら歪んでいます

zure2.jpg

この部分が フォノグラムによる楽器製作法の一番の課題点です

音で淵が決定されているため
取り付けた後に 淵をそろえて カタチを修正することが出来ません

見た目の形を揃えようとすれば
音の形が崩れてしまいます


市販のものは フォノグラムのことは考慮していませんから
淵をいくらでも綺麗に 平行になるように修正することが出来るのでしょう
(ちなみに サンドペーパーでちょっと擦っただけで
フォノグラムは変化してしまいます)

201107310003_convert_20110801201740.jpg
(外枠 フォノグラム修正前)

アモーレ3 フォノグラム 完成_convert_20110801202537
(外枠 フォノグラム修正後)



ひょっとしたら 音を聞き取る能力がもっと上がれば
解決できるのかもしれませんが
いまのところ 解決策は 木工技術を上げるしかないようです
音とは関係のない 純粋な木工技術です


目で見ても
耳で聞いてもいい楽器

まだまだ 道のりは遠そうです

関連記事 ピカソと皮膚(5)
       音の壁

はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村

クリック お願いします

スポンサーサイト



Comment

つれづれなるままに
的外れかもしれませんが、つれずれなるままに。3つ。

①形にこだわらない。
 ひずんでいるのもうつくしいですよ~

②数打てば、いつかはあたる。
まず目でみて美しいものをピックアップし、フォノグラムで作りこむ。いつか両立できるかも。その時がくるまでひたすら作りこんで、勘を磨く。職人芸。うまくいった場合、なんでうまくできたのか層別し、要因推定、検証実験。法則を見出し、標準化。

③目と耳をつなげる。
2つをつなげないでしょうか?
  • 2011/11/04 00:00
  • くりぼ-だってとべるんだ
  • URL
Re: つれづれなるままに
> コメントありがとうございます
>
> > 的外れかもしれませんが、つれずれなるままに。3つ。
> >
> > ①形にこだわらない。
> >  ひずんでいるのもうつくしいですよ~
>
>
> その通りだと思います
> 本当は私もそれでよいと思うし
> そちらのほうが美しいと思います
>
> この記事の背景には 
> 音の問題を考慮していない
> 現在の楽器製作者に対する皮肉がこめられています
>
> かといって 自分もまだ研究途中なので
> 謙虚な姿勢で取り組んでいこう
> という自分自身への意思表示のような意味合いが強いです
>
>
> >
> > ③目と耳をつなげる。
> > 2つをつなげないでしょうか?
>
> この共感覚が フォノグラムを描かせています
> フォノグラムの科学は まさに 共感覚によって見える
> この宇宙の客観的法則を見つけ出すことにあります


  • 2011/11/04 04:54
  • 磐座(イワクラ)のおにょ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)