FC2ブログ

制作風景(内型を外す) もも

2~3時間ほど このまま放置しておきます
乾いて 水気がなくなったところで ブロックに接着します


横板 貼り付け
本当は ニカワを使いますが 
ホームセンターのパイン修正材を使っていますので
木工用ボンドで接着します

(パイン修正材は すでに継ぎ目が ボンドで接着されているため
いまさらそこに気を使ってもしょうがないということです)

ボンドは 音をミュートする働きがありますので
本当は 音にはよくないのです


ブロック 横板
 
ミドルバウツ(楽器の真ん中のくびれ部分)から先に
接着します 
接着したら 図のように ブロックの角度に溶け合うように
整形します

最後に 上からかぶせるように
上下部分の横板を貼り付ければ

横板の接合部分を隠してしまうことが出来ます

hako.jpg

出来上がったら 内枠の 裏板部分の型を外します

音を聞いて 楽器を造るやり方では 
形がいつも違ってしまうので
いつも それにあわせた内型を用意しなければなりません
使いまわすということが出来ないのです

まったく同じ型を造ろうとしても造ることが出来ません

なぜなら まったく同じ条件の木材が存在し得ないからです

中国で 蝶が羽を動かしたら アメリカで嵐が起きる

というような バタフライ効果(微妙な初期条件の違いが 後に大きな違いとして現れる) が 
起きてしまう
のです

共鳴体としての音の性質を利用した製作法
なので当然といえば
当然です

もちろん 音を無視すれば 同じものは造ることができますが
共鳴体としては 意味を成しません

201107310006_convert_20110814034527.jpg



フォノグラムは 典型的な 非線形現象です



はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします


スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)