FC2ブログ

はじめての方へ (本ブログの内容)

fig1.jpg

楽器製作(ヴァイオリン ヴィオラ、チェロなど)、東洋医学(断食レポートを含む)、
数学を フォノグラムをキーワードに研究しております。フォノグラムとは「音の図形」という意味です。
ストラディヴァリに代表されるヴァイオリンの名器 その製作法は未だ謎に包まれたままであります。 現在のほとんどの製作者は 名器の正確なコピーを造るにとどまり その秘密を探ろうとはしていません。実は ヴァイオリンのあの美しい形は
音が決めた形だったようなのです。 共鳴版の音を全面にわたってそろえると 自然とあの形になってしまうのです。 音がそろっていく過程が フォノグラム(音図)に現れます。また 人間は いわば動く楽器です。 皮膚を叩けば音が出ます 皮膚上の音の分布をフォノグラムで調べます。 すると これが東洋医学にある経絡に一致するようなのです。
過去 数年にわたり 多くの方のお体を診てまいりました。(特に商売としてではありませんが 研究データの取得の意味で。)経絡理論の古典に黄帝大経「素問」というものがありますが フォノグラムこそが経絡の実態であると確信するようになりました。
また フォノグラムを幾何学的に解析していきますと そこには非常に豊富な数学的構造が浮かび上がりました。(はじめに私が興味を持ったのはここでした。)
また いろいろなフォノグラムのパターンを見ていきますと 古代の文様 世界のあらゆる文化に見られる模様 宗教的シンボルなどを髣髴とさせるものが多く見られます。
まるで 古代の人たちは このフォノグラムを知っていたかのようです。
現代人が忘れてしまった人間が本来持っていたはずの能力なのかもしれません。
フォノグラム(音の図形)をキーワードに研究を進めていきますと このように一見まったく関係のないものが 意外なつながりを見せ、新しい知見を得ることができます。
昔から、ヴァイオリン制作研究は科学 芸術 魔法が衝突する「場」であるといわれてきました。まさに“フォノグラム”こそが、この「場」そのものであると思われます。
今年で このフォノグラムという現象に出会って 丸13年になります。 始めは これが何なのか 自分が何をしようとしているのかさえわからない状態で フォノグラムの世界をひたすら泳いでいる状態が続きました。本当に 不思議の国に落ちてしまったアリスのようでした。
gf5.jpg


かつて 人類は夜空(宇宙)を眺めているだけの時代がありました。眺めているだけの星空を はじめて“理解”という形に変えたのがケプラーです。
そうして 人類は “理解”することが出来る領域を広げていきました。これが“科学”です。
フォノグラムの世界も 始めは眺めるだけでした。長いこと観察しているうちに法則性があることに気付きました。 そしてそのような法則をまとめ上げる言葉が必要になってきます。その言葉が“数学”です。ひょっとしたら フォノグラムを記述するための数学はまだ用意されていないかもしれませんし、もうすでに用意されていて気付かないだけかもしれません。 最終的には フォノグラムという現象を 厳密な数学表現にするというのも目標の一つです。ひょっとしたらこのような取り組みから新しい数学が生まれるかもしれません。
ブログを読んでいただけたらお解かりいただけると思いますが、フォノグラム研究は暗に“超能力”を含んでいます。ちまたでは「気」や「オーラ」と呼ばれているものです。(かなり誤解された形ではありますが。)
このような研究は大学の研究機関では歓迎されません。フォノグラムの研究に人生をかけようと思った私は、そのようなところに属さず 独自の道を選びました。
(共同研究者は何人かいます。)   実際 自分でも「これは単なる自分だけの思い込みではないのか?」「なにか幻を視ているだけなのか?」といつも自分自身を疑ってまいりました。
でもこれが 幻ではないことは フォノグラムを利用すれば 美しい楽器が勝手に出来てしまうという事実 怪我や病気を治すことが出来るという事実が証明しています。
またこうした事実を認めますと、「科学」とはなにか?「人間」とは何か?「生きる」とは何か?ということを問い直すことになります。

kansei3.jpg


このブログは 未来の人間の可能性についてのものです。同じことかもしれませんが、現代人が忘れてしまった超古代の知恵です。人間にしか出来ないこと、人間だからこそ出来ることを追及してきた研究の成果であります。
混迷を極める21世紀、いよいよ人類はターニングポイントに差し掛かってきたと思われます。このような変化の時代に一石を投じるべくこのブログをはじめました。不思議の国の旅は まだまだ継続中であります。この旅路から見える風景をお伝えするのがブログ「フォノグラム(音の図形)」です。


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



Comment

はじめまして! あんく♪と申します。
足あとからお邪魔させて頂きました。
ご訪問くださり、ありがとうございまいました。
かなり変わり者の私です(^^)

フォノグラムからの研究者のお方で、面白いですね!
見えない分野の証明は、難しい部分が多いかと思います。
私はこの数年、人間の意識について実践して学んできました。
意識は、ご承知のように見えないものですが・・・。
意識が変れば、おそらくそのフォノグラムや経絡の流れも変るように経験して実感しています。

私はブログでは、あまり深い事には触れていません。
でも、なぜか色んな見えない分野の謎解きを専門にして、友人と経験しながら学んでいます。

ちなみに友人は、不思議な感覚がありました。今は、意識の浄化中ですが・・・。
(前世の記憶などスピ的な事は、当然感覚の友人と私です)
友人は、様々な物を声で(音・波動・リズム)で表現できます。
フォノグラムと関係が深いと思います。

フォノグラムは、数式や図に出来るのは宇宙の法則上、事実だと感じています。
すべて数式で表わされるでしょうが、この3次元的な数式では不足していると思います。
おそらく地球の3次元的数式では足りず、宇宙の方程式の数式が必要になると感じてます。
なので、「意識の理解」も必要かもしれません。
それが、色や波動の光に関係していると言えると思います。
また、数式だけでは、温かみにかける部分があるかも・・・と感じているので。
そのうち解明されるでしょうが・・・。
磐座(イワクラ)のおにょさんの夢も、私には当然であり、現実には可能だと思う私です。

私は、フォノグラムの知識がなく深くわかりせん。
ただ、フォノグラムも測定者により異なった結果が出る可能性があると思います。
なぜならば、互いの意識の波動の影響があると感じているからです。
でも法則や基盤は、あると思います。
私の場合は、意識の分野の経験で学ぶ課題で、見えない法則の理解などが、私の今生のテーマだと認識しています。

人間はもちろん地球を含め、宇宙のすべては「意識」より成り立っている生き物だと感じています。
地球の意識は宇宙にとって、とても重要な部分のようで、地球は宇宙のハートとも表現できるかもしれません。
つまり経絡は、宇宙規模でも同じと感じています。
すべては、シンクロして重なっているから・・・。

あくまでも私の感じる学びの独特な情報ですが。

上手く説明できませんが(><)
で、何か私でお役に立てることがあればと思い、コメントしています。
ただし、磐座(イワクラ)のおにょさんが好まない、スピ的な話の部分が多くなるかもしれませんが・・・。
 
長々と失礼しました。
また、お邪魔させて頂きますね^^

最後に私のお店の円のマークについてブログに綴っています。ご興味がありましたら、どうぞ!
http://ainote0707.blog.fc2.com/blog-category-6.html
  • 2011/10/04 14:49
  • あんく♪
  • URL
Re: タイトルなし
丁寧なコメントありがとうございます
私は 大変 言いにくいことを
なんとか わかるであろう言葉に翻訳して
伝えようともがいているものの一人です

ただでさえ 怪しい内容なので
自分自身を 論理の網にかけています

宇宙の数学 というものが必要ということですが
私は 既存の数学を見つめることによって
そのようなものに到達したいと思っています
私にとっては 既存の数学でも神秘なのです
数学とは何か?
フォノグラムを研究することによってその答えを探しています

実はフォノグラムが意識の正体なのです
これを操作していくと。。。。。。

これから少しずつブログにUPしていきます
よろしくお願いします






  • 2011/10/04 17:31
  • 磐座(イワクラ)のおにょ
  • URL
おしゃること分りました。
確かに、すべてが謎ですね(^^)。
不思議に、数字だけは地球で共通していると感じてます。
ただ、0と言う数字は、本来は実際には存在しなく、数千年前ごろ?に、インドで「0」が用いられるようになったようですし・・・
すべてが意識で存在しているのに、0がある事がまずは疑問なのかもしれません。
また意識を数える事すら、それが怪しいとも言えるかもしれませんね。
それが、宇宙の方程式と関係があるのかもしれません。
すべてが円からできている、円の法則のひとつ「π」などがまさにそれを示してくれているのかもしれません。
私も言葉では上手く伝えられませんが、そんな無限の数値が、私がお伝えする宇宙の数式に関係しているかもしれません。
でも無限の数字は実存しています。その無限の方程式が摂理とも関係しているのかもしれません。
どんな事にも、無限の可能性があると感じているので・・・。
「π」は、そのひとつで、宇宙の数式の無限の可能性を表わしてくれているかもしれません。
個の単体として扱うことすら、「数字とは何か!」なのかもしれませんね。
意識は見えない部分ですべて繋がっており、物体の個としての扱いの数字に、なんらかの「ずれ」があるのかもしれません。
この3次元独特なようにも感じます。「無限の数字(宇宙の数字)」にヒントがあるのかもしれません。
宇宙の永遠の方程式も実際は、本来皆が知っており、忘れているだけだと私は思っています。
「π」が、その例をそれを示してくれているのかもしれません。

皆さんに、それぞれ得意分野があると思ってます。
それぞれが、同じ永遠の目的に向かっていると感じています。
私自身、自分なりに、ブログを更新しています。
私の場合は、「見えない想い」が届けばいいなぁと思っています。
私は、「見えない想い」は各自に与えられている「感じる能力」だと、今は捉えています。
なので見えない能力は、各自の魂の成長度合いや、魂の性質により異なり、
その能力は果てしないく続く・・・と感じてます。
その永遠の想いの意識がフォノグラムでどのように表わされるか・・・教えて頂きたいです。

日々、経験と学びの連続です。
語りあっても難しい事をコメントでは、なかなか伝わらないかもしれませんね・・・。
でも、想いで綴らせて頂きました。
読んでくださり、ありがとうございます☆ヾ
  • 2011/10/05 15:05
  • あんく♪
  • URL
Re: タイトルなし
カテゴリーの科学 哲学をご覧ください
部分的ですが アンク様の問題意識に答える形になっていると思います
  • 2011/10/05 20:01
  • 磐座(イワクラ)のおにょ
  • URL
フォノグラム
初めまして。ブログの足跡からきました。
フォノグラムを初めて知りました。

音といえば私の興味のある言語にも大いに関係するのでしょう。

私は文学も哲学的な視点から見てしまうようです。

「フォノグラムは感受性の正体といわれるもの」ということも、感激し納得しました。

フォノグラムの局所的な情報の中につねに全体の情報が
組み込まれていて、だからこそ最終的に統合した形というのは東洋思想のようであり、人間そのもののようでもありますね。

いわくらのおにょさんのブログは
感覚的によく理解できます。

そしてその感覚を数学的に捉えられるというのが
驚きです。

日本の既存の大学の機関で歓迎されないというのはとても残念です。価値ある研究だと思います。
またブログ覗きにきます。楽しみにしています。
Re: フォノグラム
コメントありがとうございます
とても励みになりました
こういうお言葉をいただけると
本当に あきらめずに追求してきてよかったな~
と思うことが出来ます
これからもよろしくお願いします
  • 2011/10/06 20:52
  • 磐座(イワクラ)のおにょ
  • URL
>カテゴリーの科学 哲学をご覧ください
>部分的ですが アンク様の問題意識に答える形になっていると思います。

私の問題意識、っていうのは?
このお返事の「想い」に、とても悲しく感じた私です・・・。
私の勘違いならば、申し訳ございません。

私は、魂が納得しているので・・・問題にしているのではなく、意見として述べさせていただいたのですが・・・。
磐座(イワクラ)のおにょさんの研究に科学の答えを求めているのではないのです。
もちろん、否定しているのでもありません。
ただ意識について「想い」を語り合えればと想ったのです。

私にとって、本来は「時間の概念などもない」のも、当然感覚なので、問題でもなく証明を求めているのでも、ないのです。
「過去も、現代も、未来も同時進行している」と想ってます。よって、意識においては、時間の経過も距離感も関係なく、瞬間移動も当然になると思ってます。そしてそれが、光の速さとも表現できることなども・・・。
その辺は、物理化学などでも、ある程度証明されている部分であるとも想ってます。
私なりに、魂が納得する宇宙の法則を学んでいます。

ただ、研究や証明に関して、
「魂の成長度合いが関係している事」、つまり「想いの度合い」や「感じる度合い」などの概念、それらを含む「意識の仕組み(潜在意識・顕在意識)」などが、どうしても、証明などに組み込まれていないように感じているのです。
とても重要な部分のように感じています。
意識の仕組みを経験しながら学んできた、「知識ついて」その部分で、何か研究のご参考になれば・・・、と純粋に想い、想いのキャッチボールが出来ればとコメントさせて頂いたのです。
でも、残念ながら、3次元では自分の想いを伝えるのは難しいものです。
科学などの証明と同じように・・・
だから学んでいるのでしょうが・・・

ちなみに、自分の魂が心から納得している部分では、人間は、研究や証明を求めないように感じます。
つまり、自分の魂(心)が納得したいから、もしくは他の人を納得させたいから、証明や研究を求める部分があるのだと感じます。
「頭で納得する」と、「魂・心から納得する」の違いと表現できるかもしれません。
それは、人間の学びの方法のひとつでもあるように感じてます。
なので、どんな研究も、どんな経験も、必要であるから経験しており、とても大切なものだと想ってます。

頂いたコメントから、磐座(イワクラ)のおにょさんとは、今は視点や求めるものが異なっているように感じました。
磐座(イワクラ)のおにょさんと私は、ベクトルが逆の視点からの学びなのかもしれません。

科学や証明とは異なる別の意味の、大切な学びを頂きました。
有難うございました☆ヾ。

  • 2011/10/07 13:13
  • あんく♪
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめteみた【フォノグラム(音の図形)】
楽器製作(ヴァイオリン ヴィオラ、チェロなど)、東洋医学(断食レポートを含む)、数学を フォノグラムをキーワードに研究しております。フォノグラムとは「音の図形」という意味です。ストラディヴァリに代表されるヴァイオリンの名器 その製作法は未だ謎に包まれた...
  • 2012/03/19 22:55
  • URL
まとめtyaiました【はじめての方へ (本ブログの内容)】
楽器製作(ヴァイオリン ヴィオラ、チェロなど)、東洋医学(断食レポートを含む)、数学を フォノグラムをキーワードに研究しております。フォノグラムとは「音の図形」という意味です。ストラディヴァリに代表されるヴァイオリンの名器 その製作法は未だ謎に包まれた...
  • 2012/06/12 07:48
  • URL