FC2ブログ

あくまでも「純粋な自力」にこだわる。

  • Day:2012.12.04 23:54
  • Cat:雑感
でで

私の後輩で、
「何故、ギリシア人は(幾何学の)作図をする時に、コンパスと定規以外は許さなかったのか?」
と真剣に考えていた奴がいました。

演繹科学としての「数学」は、ギリシアのタレース(紀元前624年頃~前546年頃)が始まりだとされています

*数学的な議論をするには、「既に知られ認められている知識から出発して、筋道の通った論理を積み重ね、最後の結論を導く」という演繹的手法を身につけていることが大切になります。*

数学という学問は、唯一、独力で進んでいける学問です。

また、数学という学問の最大の魅力は、紙と鉛筆と我と我が身以外は必要としないことです。
あくまでも純粋な自力のみで進んでいけるところが、私には大変魅力的なのです。

純粋な自力、純粋な人間力だけで進んでいくわけです。

楽器を作るときも同じかもしれません。
機械など使わずに、刃物だけを使い音を自分の耳で聴きながら掘り進めていきます。
やっていることは至極原始的なのですが、とてつもなく高度な人間業です。
場合によっては、道具すらも自前で作ります。

あくまでも純粋な自力にこだわるところは、数学と同じです。

私のやり方は、現代社会から見れば、至極要領の悪い、まどろっこしいやり方に思えるかもしれません。

しかし、自然の背後にある基礎原理(普遍的真理)を探し当てるには、これ以外にはありません。
そして人間というものは、実はそのことを”本能的”に知っているのです。




はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします








スポンサーサイト

ホームページ 過去記事一覧 作りました。

ホームページ 過去記事一覧 作りました。

無題


ホームページの左上、メニューの中の ABOUT をクリックしてください。
過去記事一覧表があります。

まだ作りたてでそっけないですが、少しずつ更新していきたいと思います。

はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします

「あくび」の効能

_Canines_pics_ready_set_go.jpg


最近、なにかと忙しく、少々過労気味でした。
人間というの、身体が疲れすぎると脱力反応が起こせなくなり、過緊張状態になってしまいます。
疲れているはずなのに、ぐっすり眠れず、短時間で目が覚めてしまいます。

寝不足が続き、ひどい頭痛に苛まれていました。
私は、頭痛というものを今まであまり経験したことがなかったので、
治し方が分からないでいました。

ふと、あることに気がつきました。

長い間「あくび」をしていないのです。
無意識の反応である「あくび」の働きはなんでしょうか?
「あくび」は頭蓋骨周辺の弛緩と緊張の調整をしているのではないかと考えました。
披露しすぎて
無意識の調整機能が麻痺してしまっているので、
無理に「あくび」の格好を真似ていたら、
自然と「あくび」が出るようになりました。
しかもとめどなく。
太極拳やヨガってきっとこうした気づきから生まれたに違いありません。


頑張りすぎると自然調整機能が麻痺するという典型的な経験です。

こうして自分の体で分かったことはそのまま「不眠症」などの治療に応用することができます。

そして、頭痛が起きる前に「あくび」をちゃんとしているか?
というチェック機能が働きます。

「無意識の働きを理解し、意識的に制御すること」

これが整体技の本質です。



はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします