FC2ブログ

観念的に造ること 音楽的に造ること

「私の体は、もう音楽的なタッチを作ることができない、、。」  (福永氏 最後の手紙より)

sloij.jpg

                   

ヴァイオリンの共鳴板を造る時、大きく分けて二つの方法があると思います。
それは

観念的に造ること 



音楽的に造ること

です。

たぶん、直感に頼るタイプは、観念的であることを馬鹿にするでしょうし、
論証や客観性に重きを置くタイプは、音楽的であることに普遍性を感じることができないでしょう。

ここで、観念的、音楽的とは何を意味しているのでしょうか?

観念的に造るというのは、生理的な反応を無視した、杓子定規なやり方とでもいいましょうか?

例えば、畑のナスやきゅうりが完璧な左右対称形の形をしていたら
だれでも生理的におかしいと感じるはずです。
それは「生きていない」からです。

しかしフェラーリが左右対称でもだれもおかしいとは思いません。
「生きている」必要がないからです。

楽器はどうでしょうか?

楽器を生き物と見るか、ただの道具と見るかで答えが変わってしまいますが、
共鳴の原理を考慮したフォノグラムの製作法では、部分同士の共鳴の結果、形が造られていくという原理にしたがって
共鳴板を作っていくのですが、けっして決められた型に押しつけて造っていくわけではないのです。

例えば、左右対称な楽器は見た目には綺麗ですが、共鳴の原理からすると矛盾してしまいます。
このような鏡映変換は見た目の対称性は保存しますが、音の対称性は保ちません。

ストラディバリの楽器は左右非対称なものが多いですが、これは、音の対称性、共鳴の原理にそった作り方をしていたという
間接的な証拠です。

つまり、観念的に造るということは、共鳴の原理は使わず、数学的、幾何学的に造るということです。

端的にいいかえますと

「耳を使わずに目だけで造る」

ということになります。楽器を造っているはずなのにおかしいと思いませんか?

逆に音楽的に造るということはどういうことでしょうか?

それは、部分の共鳴を全体に広げながら、まるで菌が繁殖するように全体と部分が共鳴しあいながら一つの統一体を構成していく、
その結果、自然と形ができてしまうというやり方です。

これがフォノグラムの楽器制作技術です。技術というにはあまりに有機栽培的な、自然農法的なやり方です。
一切こちらが手を加えないようにすることが大事であり、ただただタッピングトーンの音列を聞きながら、近くの部分同士を協和関係にしていく
ということを繰り返していくだけです。
これは、音楽そのものであります。
音楽は、部分の協和関係からスタートし、協和関係にない音が変化を生み、そしてまた新たな協和関係を作り、
そこに秩序同士の矛盾が発生し、最終的には全ての矛盾と緊張が解消されます。

そして、それはホワイトノイズに至るとき、そのときだけです。

音楽とは、人間の様々な心象風景を表現したものですが、
このホワイトノイズに至る時に、全ての矛盾が解消されてしまうというのは、意識が無意識に溶け込んでしまうことと同じです。

音楽は「意識」の流れ、ホワイトノイズは「無意識」の海 ということになります。

共鳴板は、理論上、全ての音を均等に含んでいなければなりません(ホワイトノイズ共鳴板)
そして、それは生理反応に基づく協和、不協和の感覚によるフォノグラムの方法で造ることができます。

音楽的に造ることというのはこういった意味です。
これに観念が追いつくことができるでしょうか?

新しいものの見方、考え方が必要なようです。
数学もあらゆる分野領域で可換から非可換に移行しています。
これは数学が音楽的な方向に転じ始めたといっていいと思います。

フォノグラムの数理はこの先にあると思われます。


violin wall




はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします



フォノグラム解析 イントロダクション (3)

さて、実際 フォノグラムを利用しての楽器制作に入ることにします。

g11_20120505202018.jpg

まず、アウトラインを綺麗に揃えて置きます。
(ここでは説明しませんが、アウトラインのタッピングいトーンも全て揃えて置きます。)
青のフォノグラムラインは周辺のタッピングトーンを基準にして採ったものです。
赤のフォノグラムラインは中心のタッピングトーンを基準にして採ったものです。
(よく解らないと思いますが、とりあえず事実として認めてください。とりあえずです、、。)

これは、周辺部分と中心部分のタッピングトーンが違うことを表わしています。
つまり、青と赤のフォノグラムラインが同一のフォノグラムラインを共有するようにしていけば言い訳です。

g12_20120505202742.jpg

青と赤のフォノグラムラインが一致した時、このように自然とヴァイオリンのカーブが形成されていきます。

フォノグラムとは、タッピングトーンを振動数別に聞き取って、共鳴板上にどのように他の場所と連絡しあっているかの精密な情報であるといっても良いでしょう。
協和関係にない異質な部分は「渦まき」として現れます。
ここで異質な部分と言い方はあくまで相対的な言い方で、例えば、音列集合がCメジャーコードの場合と
C#メジャーコードの場合、それぞれは一つの秩序:協和関係を保っている:ですが、
この二つの秩序がぶつかる時、不協和の関係が生まれてしまいます。これが異質の秩序がぶつかるという意味です。その時、渦巻きになってしまうのは、身体のほうが不協和関係に対して緊張を感じてしまうからにほかなりません。
ここが、このフォノグラムという現象理解の最大のポイントになります。


g31.jpg
(この辺の画像はサクサク、パワポで流していく。)

g32_20120505203801.jpg


フォノグラムを利用すればこのように、ヴァイオリンカーブが決まってしまうのです。
それは共鳴板上のタッピングトーンが全ての点で同じにしていくという極限と考えられます。

このタッピングトーンを同じにしていくという操作の極限がホワイトノイズではないかと考えています。
つまり、

ヴァイオリン曲面は、共鳴板の全ての点において同一になるのは、その音響特性がホワイトノイズの時
そのときにかぎる

そしてその時の

フォノグラムの渦はちょうど一つにまとまる。

ということができます。

これを、数理的、物理的に解明することがフォノグラム解析の目的の一つです。

鳴らない楽器というのは、共鳴板のところどころが、異なる音列集合を持っているということになります。
これは、音響的には二つの異なる楽器が、一つの楽器の中にあって、互い違いになっている状態といえるでしょう。全体として大きな統一体にはなっていないということです。
その時、フォノグラムでは渦が一つにまとまらず、複数の渦がある。

kkijuffffa_20120505205320.jpg

三つの渦:中心がある状態

これは、三つの別の秩序:音響特性の楽器が一つの空間を共有している状態。
全体としては三つの小さな楽器を並べただけで力不足の楽器になります。

つづく





竜巻被害について思うこと (独り言です)

独り言です。

c0119036_22324213.jpg  龍神のような雲



昨今、世界中で自然災害や経済の悪化が誰の目にも明らかになってきたと思われます。
10年位前に、きっとこうなると周りに話したら、キチガイ扱いされたのを今では懐かしく感じます。
(ま~今でもキチガイ扱いですが、、。)
私は、別に預言者ではありませんが、フォノグラムを研究しているうちに、ある確信を持つようになりました。
それは、人の中にあるフォのグラムは、他の人にも繋がっており、また、親、兄弟だけでなくそれと関係する先祖
、先祖の先祖、さらには、大地、自然、宇宙、森羅万象を貫いて偏在しているのではないかと。

この研究に執着し、使命感を持って今日までつづけてきた理由が、こういった事実を証明するためなのです。
あまり上手くいっているとは思えませんが。

ではどうすれば、このような人類史的な艱難辛苦を緩和することができるのか?
私は、フォノグラムをキレイにすることだと思いました。

独り言です。

まずは、自分フォノグラムをきれいにすることから始めたのです。
自分のフォノグラムがキレイになっていれば、周囲の人のフォノグラムもキレイになります。
これは無意識の伝達なので、あまり理解はされませんが、なんとなく無意識にはわかるものですし、
相手にも通じているものです。

そして、大地にも干渉することができます。

独り言です。

要は、人間の精神状態が、大地によくも悪くも干渉してしまっているということを、フォノグラムを研究していれば、はっきりとわかるということなのです。

このことに気づいた私は、どうしたら効率的にフォノグラムをキレイにすることができるのかを研究しました。

それは、肉体的な調整に始まり、呼吸法など、試せるものは全て試してきました。
その中で、もっとも効率的にフォノグラムをキレイにしてくれるのが、伊勢白山道による
先祖供養でした。

独り言です。

私は、霊能者やスピリチュアリズムがはっきり言えば嫌いです。
ですから、はじめは信じていませんでした。
(このヌルい商売人連中と一緒にされるのが一番不愉快です。)

しかし、実際自分で試すと、フォノグラムがすごい勢いで変化していくのが観じられました。

世界を救う近道は、「現状どんなに苦しい状況であれ、今、生かされていることに感謝を捧げる」ということをこの方はおっしゃっております。

私は、フォノグラムがものすごい勢いでキレイになっていくのを知っています。
これが、世界を良くする近道なのです。
人間内部からの変更が起きなければ、もう持続可能な未来はないのです。

無題sssss
(落差、格差があるところにエネルギーが生まれる。均等化すると竜巻は発生しない。
この「渦巻き」は宗教画などでは、龍神様やドラゴンとして描かれる。)

フォノグラムは、物理的には「音図」ですが、実はそれだけではありません。
森羅万象の背後を司る実態です。
映画「マトリクス」のマトリクスそのものです。

どうも我々人類は、奇妙な連帯責任を取らされているようです。
ですから、隣人を無視して、豊かになったところで何の意味もないのです。
「損は得、得は損」ということに最終的にはなります。


独り言です。

*昨日の竜巻による犠牲者への哀悼の意を表します。*

はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします