FC2ブログ

音楽と、粘菌と、フォノグラムと (5)

フォノグラム空間の位相について

位相というのは空間のつながり方を難しい言葉で表現したものです。
つながり方が解ると、そこに距離の概念を付け加えることができます。

われわれのなじみのある空間概念は3次元ユークリッド空間でしょう。
空間のつながり方はわれわれの直感どうりです。
たとえば、腕を右に伸ばすと、左から指先が見えるようだと、これはわれわれの知る空間のつながり方とは違うわけです。しかし、概念上はそういった空間のつながり方も考えることができます。

フォノグラム空間のつながり方はどんなでしょう?

フォノグラム空間は、板状の各点の近傍で定義された音列集合要素のハリ合わせで構成されていました。

ある一点から、フォノグラムラインを渦を巻くことなく引くことができるのは、この各点の近傍における音列集合要素が同じである場合に限り可能なことを見てきました。

タッピング4

したがって音列集合が異なる領域はフォノグラムラインはつながることができません。
共鳴が起こらない場所はつながらないということです。
以下、共鳴が起こらない場所(渦になってしまう不協和音列集合のある場所)をさけて、フォノグラムラインを延長していく様子を示します。

解析接続1

これがフォノグラム空間における位相(空間のつながり方)の意味する所です。

複素関数論をご存知の方は、関数要素の解析接続を思い起こされた方もいるでしょう。
実際、形式的にはそのままの形で適応できます。

また、音列集合要素の接続のしかたは、実際にリーマン面のようなつながり方をします。
リーマン面2

少し解りにくいかもしれませんが、板状の各点の近傍における音列集合要素を接続していくと
このように、二周して始めて連結して閉じるフォノグラムラインもあります。
実際のフォノグラム(音図)はこれらを平面に射影したものになっています。


音の性質上、重ねあわせができるので、このように多重の層が連結した構造になっているわけです。
以下は実際のフォノグラムです

fig22_20120209210938.jpg

リーマン面とは1次元複素多様体の事を指しますが、構造的にも形式的にもフォノグラムとマッチします。もちろん全ての点で整合するわけではありませんが、一つだけ都合のよいことがあります。

それは、フォノグラム特有のフラクタル構造を1次元複素多様体から引き出すことができます。
フォノグラム空間の位相(空間のつながり方)は直線のように延長して引っ張ることができますが
離散的に共鳴することもできます。板を鳴らすということは、同時にたくさんの場所がなってしまうからです。このことと、音階というラベリングによる分別が、フォノグラムにフラクタル図形を書かせている理由になっていると思われます。


部分が全体を含み、全体が部分を含んでいる

この情報伝達のおかげで、フォノグラムによる技法が成り立つわけです。

音を聞いてその音をそろえるだけで、楽器ができてしまうことや
体の一部のフォノグラムを整えるだけで、全身の治療になってしまうことなど
すべてはこのフラクタルな情報伝達作用による所が大きいのです。

これは自然がそうなっているからそうなのだとしか言いようがありません。

「音楽と、粘菌と、フォノグラムと」という変な表題ですが、まだ粘菌のことに触れていません。
この粘菌の動きが、フォノグラムの挙動そっくりであるし、フラクタルな情報伝達にそっくりだと思えてしまいます。
ちなみに南方熊楠は、粘菌の動きに神を見ていました。
以下、熊楠曼荼羅です。
img2d8988fbzik5zj.jpeg

フォノグラムの曼荼羅

fig24_20120120213240.jpg

はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします

関連記事

音楽と、粘菌と、フォノグラムと (1)
音楽と、粘菌と、フォノグラムと (2)
音楽と、粘菌と、フォノグラムと (3)
音楽と、粘菌と、フォノグラムと (4)

共鳴現象の相対性
共鳴現象の非可換性 (1)
共鳴現象の非可換性 (2)
共鳴現象の非可換性 (3)
共鳴現象の非可換性 (4)
共鳴現象の非可換性 (5)


スポンサーサイト

人体  (膜と骨格の二重構造)  (1)

「常に動いているところは病気にならない」  (華陀)

                            *華陀 三国志時代の外科医 医聖と呼ばれた*

人体は大きく分けると、動く部分と動かない部分に分けることが出来ると思います。
骨は変形することができませんから動かすことができないパーツ(もの)と考えることができます。
そのほかは基本的には動かすことができます。
骨格を繋ぐ関節、筋肉、靭帯、皮膚膜など全て動かすことができますし、
実際にいつも動いていなければなりません。

記事:心の履歴において、背骨の歪みと骨盤の傾斜についての関係性を述べました。
問題はどのようにすれば正しい位置に戻すことができるか?です。

骨格を強引に正しい位置にもっていけば、その瞬間は治るかもしれません。
しかし、骨格の位置を決めているのは筋肉のアンバランスなのです。
筋肉がアンバランスのままならば、いずれ骨格も元に戻ってしまいます。

では筋肉のアンバランスはどうして引き起こされたのでしょうか?

いろいろな要因が考えられますが、生活習慣や怪我の後遺症が主なものだと考えられます。

現代人の生活は、何をするにも前かがみの姿勢になってしまいます。
デスクワーク、育児、介護、など何をするにも前かがみになります。

kotuban-ilast_001_000.gif


これが長いこと習慣化すれば、それに合わせて、筋肉や靭帯が成長変化していきます。
ようは、一方方向の動きばかりしてしまうと体は偏差を起こしてしまうということです。
これを防ぐには、習慣化しないような、逆方向の動きを意識的に取り入れればいいということになります。

10人中8人は前かがみが原因ですので、簡単に言ってしまえば反る動きをすれば言い訳です。

が、、、、、

人体というのはそんなに単純なものではありません。

この体を反らせる、骨盤を前方に回転させる動きはとてもたくさんの筋肉、関節、靭帯、組織が関与しています。
骨盤には内側からも外側からも筋肉がつながっており、骨盤の動きの障害を引き起こしているのがどこなのか知らねばなりません。


逆に骨盤さえ治せば、数珠繋ぎに各場所が治っていきます

img9b60a1cezik1zj.jpeg


ヨーガ、太極拳、座禅、按摩、東洋医学、針灸、全てまったく違うにもかかわらず、フォノグラムの観点からは
同じ
に見えます。
手段が違うだけで、目的とする効果は同じなのです。

しばらくこれについて書いていきたいと思います。


*これはヴァイオリンのフォノグラムです*
fig11.jpg

*フォノグラム「音図」は、膜の張力の違いを音の響きの違いで検出することにより、
 どこに病巣の根本原因があるか探り当てることができます。
 「音を合わすことによって共鳴状態を高くしていく」という 楽器制作上の原理 と
 人体の整体治療が 同一の原理 であることを示すのがこのブログの目的の一つです。*

gf5.jpg

つづく

はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします

関連記事

心と体
楽器制作と東洋医学の接点
ピカソと皮膚 (1)
ピカソと皮膚 (2)
ピカソと皮膚 (3)
ピカソと皮膚 (4)
ピカソと皮膚 (5)
ピカソと皮膚 (6)




座禅とヨガ (膜と骨格の二重構造)  (2)



「釈迦は 宗教家というよりも 偉大な生理学者である。」  フリードリッヒ.ニーチェ



19世紀ドイツの哲学者ニーチェは「フランス人の性格が悪いのは、長すぎるランチのせいで胃が悪いからである。」
と言う一見、決め付けのようなことを言っています。

人間の悩み苦しみを、生理との関係で捉えようとしているわけです。

さて、前回は骨盤の傾斜を如何に正しい位置に持ってくるかと言うことを考えました。
骨格を一時的に正位置に持ってきたとしても、筋肉のアンバランスがそのままであればすぐに骨格も元に戻ってしまうことを話しました。

どうすればいいでしょうか?

一番 能のないやり方は、いつまでも正しい骨盤の位置でい続けるということです。

「座禅」のことです。

重力に逆らわないまっすぐな姿勢を保って、余計な力を抜き続けて、ひたすらその姿勢にあわせて、筋肉がバランスするのを待つわけです。

何年、何十年、、、、、。

体の歪みが消えていけば、心の偏差も消えていきます。


*現代人がこれをすれば社会は成り立ちません。*


釈迦はこれを知っていたようです。      (しかし座禅で悟ったわけではないようです。)
偉大な生理学者だというのもうなずけます。

もう少し積極的に筋肉のアンバランスを解消する方法がないでしょうか?

ヨーガはどうでしょう?
座禅以外にも様々なポーズがあります。
現代風に言えばストレッチですが、呼吸を意識して行うところが違います。

なぜ呼吸をするのか?

腹式呼吸は骨盤に関係する筋肉全てに絡むからです。
呼吸が深くなると言うことは、骨盤で呼吸すると言うこと、すなわち全身で呼吸すると言うことにつながります。
もう少し詳しく言いますと、呼気は骨盤周辺、吸気は肋骨周辺の筋肉が関係しています。
ポーズによって、体の筋力バランスをあえて変化させ、呼吸によってマッサージするわけです。


*呼吸は振動です。
 また、呼吸することにより皮膚の表面積が変化します。皮膚と筋肉の間の関係、
 筋肉と骨の関係が変更を強いられます。

 ポーズが同じでも、呼気の極限と吸気の極限では事情がまったく違うということです。*

これも、基本的には時間がかかります。
なぜなら、どこに筋肉のアンバランスがあるのか解らないからです。
何個か型を丸覚えして、数うちゃあたるという考え方です。

よく左右両方均等にやったほうがいいといいますが、左右均等ならば、やる必要はないのです。
歪みがないのですから。

事情は、さほど座禅と変わらないようです。

歪みの場所を特定し、それを補うような姿勢をどうやって探せばいいでしょうか?

意識的に動かせる身体のファクターは、姿勢の変化、呼吸の変化、皮膚膜の張力、関節のスライド、などです。
これらを利用して、身体の最適バランスを造っていこうと言う訳です。

これらのファクターを利用して、最も効果的にゆがみを補正することができれば
それが、整体治療の基本原理になります。
フォノグラムを利用した整体治療ことを説明するには、まだ前置きがいくつか必要です。
考えの背景にある基礎的なことを、ここで洗いざらい出しておこうと思います。
つぎは「操体法」について説明いたします。

Xk原の平の座禅草sk1khs
(座禅しているような植物?)


つづく

はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします

関連記事

心と体
楽器制作と東洋医学の接点
ピカソと皮膚 (1)
ピカソと皮膚 (2)
ピカソと皮膚 (3)
ピカソと皮膚 (4)
ピカソと皮膚 (5)
ピカソと皮膚 (6)