FC2ブログ

柔和な構造(3)

baby.jpg
(ムーニ-マン:みんな昔はガキでした)

よく 「子供」が 2階のベランダからおちても
無傷だったということを聞きます

「大人」だったら間違いなく大怪我をしています

いったい何が違うのでしょうか?

やはり 構造的には弱く 柔らかいにもかかわらず
こちらのほうが結果として 怪我をしません

力めない」分だけ部分にかかったストレス(落下の衝撃)を
全身に散らしてしまうのです
脱力」が自然と出来るためにこのようなことが可能になります

大人はそうはいきません

外力に対してすぐに「力んでしまいます」
結果 カラダが硬直してしまい
部分にかかったストレス(衝撃)をもろに局部的に受けてしまいます
「脱力」反応が出来なくなっているのです

よく 「気功」家は 「赤ちゃんの姿勢から学べ」 と教えられます

全身が「脱力」されていて その結果として「丹田」だけに力点がある状態です

「力み」はフォノグラムでは「渦」で現れます
力の支点が丹田以外にあるとき「意識」はこの状態を
「苦しい」と認識するようです

その状態もまた フォノグラムに現れます

フォノグラムは 丹田にあるべきはずの「力点」がどれだけそこから離れているかを
表わしているともいえます

病名や症状が何であれ
全身に散らばった力の支点を 丹田に集めさえすれば
カラダのほうは楽になっていきます

大人でも 赤ん坊と同じフォノグラムの状態に
カラダをリセットすることが出来れば
肉体(血)を構成することによって失われた
「柔らかさ」(気)を取り戻すことが出来ます

肉体(物質の相)が成長することによって失われてしまった「全身性の機能」
これこそが「気」という概然にふさわしいと思います


いままで 暗に「気」という言葉を避けてきましたが
それは ちまたで使われている「気」の概然に違和感を感じてしまうからです

われわれはフォノグラム(音の図形)の研究を進めることによって
「気」という現象の まったく新しい解釈の枠組みを
生み出そうとしているのかもしれません
fig492.jpg
(生体のフォノグラム)
 
はじめての方へ *本ブログの内容説明


クリック お願いします





スポンサーサイト

地球のフォノグラム (龍脈)

IMG_0007o.jpg

これは木箱から聞き取ったフォノグラムです

どこかで見た様な気がします



nazcaB.jpg

そうです ナスカの地上絵です
どのようにして描いたのか? 
何の目的で描いたのか?
いまだに謎らしいです

ちなみに この航空写真のフォノグラムを調べてみました
(驚くことに フォノグラムは写真からも撮ることが出来ます この話はまたいずれ。。。。)


nasuka fono
青い線がフォノグラムです
フォノグラムの線にそって
地上絵がデザインされているのがわかります

古代人はフォノグラムを知っていたかのようです

地球も人間と同じように「生きて」います

地表はです 

過去記事 :



 東洋医学と楽器制作の接点    

ホログラム(光)とフォノグラム(音)
        


人間に「経絡」があるように地球にも「経絡」があります

古代の中国人は これを「地脈」「龍脈」と名付けました

地球の音を聞いて「地脈」「龍脈」の動きを読む者は
「地震」を予知することが出来たのかもしれません

フォノグラムの情報伝達は「フラクタル」に伝わることを見てきました

「地球」の状態が「人」の状態に表れていても不思議ではありません

また逆に 「人」の状態が「地球」の状態を表わしているともいえます

1232145942_70d3d7f940.jpg



はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします



制作風景 (横板をアイロンで曲げる) もも

横板 水につける

楽器の側面の部分です
薄くスライスした木を水に漬けておきます(30分ぐらい)
水分をたっぷり染み込ませて
変形しやすくしておきます
この状態でアイロンをかけて
曲げちゃいます

ヴァイオリン ヴィオラ専用のアイロンです

アイロン1


横から見たところ

アイロン横


水をかけたら 水滴が スライムみたいになって
蒸発してしまうぐらいに熱します(わかってもらえるかな~)
冬場なんかは 結構 これだけで暖をとることが出来ます
アイロン2

曲げてる所も写真で撮りたかったんですけど
両手がふさがることに
後で気付きました
残念!!

音で表わすとこんな感じです

じゅー ギュっ ギュっ ギュっ 

型がついたら 元に戻ってしまう前に
一気に 用意していた内型に固定します
この時 もたもたしていると
型が戻ってしまいます

横板 貼り付け


何とかできました


この時 ゴムひもで 強烈に縛り上げて 固定します
跡がつかないように コルクなどを間に挟みます
クランプなどでやる方法もありますが
こちらのほうが 昔ながらの方法です

横板の厚みが 1.3mm~1.5mmというのも

素直に曲がってくれる厚さ

かつ

物理的な強度が保てる

という条件からきているのでしょう

しなやかさは
固さ(物質の相) と 柔らかさ(心(音 。気)の相) の

均衡の極限に位置します

生命を感じさせるカタチは この均衡点にあります

柔らかすぎても 固すぎても ダメなのです

この世界に存在する(生きている)とは そういうことなのだと思います


過去記事 :
命を吹き込む
柔和な構造


はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします