FC2ブログ

ホワイトノイズと時間(2)

ホワイトノイズの特徴は「意味」を持たないことです

ここで「意味」について考えてみたいと思います。

----------------------------------------------------------------------------

はじめに言(ロゴス)があった。言は神とともにあり、言は神であった

― 『ヨハネによる福音書』1:1

----------------------------------------------------------------------------
ここでいうロゴスとは何でしょうか?
Wikiで調べてみますと 言葉 論理 概然 理性 意味という説明がありました

私は ロゴスというものは 時間がなくては存在できないものだと思います
「言葉」は音です 
実際に声に出して発しなくても 心の中で「時」を刻みます
「論理」は時間がなくては存在できません
われわれの「意識」という現象は それを自覚した瞬間から 
永遠にとまることのない計算を強いられたコンピューターのように
「時」を駆け続けています。

ここでいう「ロゴス」とは 「時間」のことでしょうか?

「意味」は不可逆的時間とともにあります

時間反転に対称なものがもしあるとすれば
それは「意味」のないものだということがわかります

そして「意味」と同時に不可逆的「時間」概念が生まれてくるわけです

逆に 時間反転に対称なものがごろごろあったなら
世界は「意味」を見失うでしょう

これは「夢の世界」とは少し違います
「夢の世界」は「現実の世界」と違って
空を飛んだり 過去に戻ったりしますが
時間の流れそのものは 常に過去から未来に流れています

ホワイトノイズは「無意識」に通じる「鍵」なのでしょうか?
ロゴス以前を語ることは可能なのでしょうか?

127548274276016431427.jpg
「ロゴス」を世界原理としたギリシアの哲人
ヘラクレイトス
 
つづく






ホワイトノイズと時間(3)

「語りえぬものについては、沈黙しなければならない」
           (ルードリッヒ ウィトゲンシュタイン)

われわれはロゴス以前を直感的に知っています

ただ言葉に出来ないのです

「赤ん坊」はしゃべることが出来ないだけで
それを知っています

45004778_ff21e5f26c.jpg


イルカは「言語野」が発達しなかったため言葉を持っていませんが
人間よりも知能が高いといわれています

男性は女性よりも理知的ですが
女性は男性よりも生命の根源に近いです

ロゴス」をつかさどるセンターは「」でしょう

人間にはもう一つ脳があります

生命知」をつかさどるセンター 「丹田」です


よく女性は子宮でものを考えるといいますが

「丹田」を使って相手をモニターしているのです(無意識にですが)

「安心」がなにかを本能的に知っているのです

存在だけで女性や子供を安心させられる男性はすごい男性です

これがフォノグラムに現れます

フォノグラムは 「丹田」からのエネルギーの「偏差」を映し出します
そして その「偏差」の表れのひとつが「ロゴス」なのです

ロゴス以前のもの 

私の知る限り 「フォノグラム」がそうです

「フォノグラム」は「言葉」ではありません
ある種の「運動」の軌跡であり
それを重ね合わせた「図形」であります
ここでいう「運動」とは 音を聞いて同じ音のラインを書き取るということです

フォノグラムは「意識」と「無意識」の境界領域で起こる現象です
「意識的」に操作することができますが それは「ロゴス」以前のものです


しかし「フォノグラム」を理知的に説明しようとすると
ロゴスで説明するしかないのです( ジレンマ!!)

そして それは可能なことなのか?

わたしは「沈黙」しない道を「模索」しています
それが「科学」の進歩であることを信じて


IMG_0013666.jpg


勢いのある形象(1)

kado3.jpg

柔らかい形状 が ヴァイオリンの形 の特徴ですが
唯一 とがった個所があります

コーナーのところです

このコーナーには ブロックが内蔵してあります
表板と裏板をつなぐ の役目をしています
振動を伝えるです

コーナーブロックは楽器の物理的構造
を強くするためのものでもあります

このコーナーの形が「生き生きとした」ものになるにはどうしたらよいでしょうか?
コーナーに「勢い」がなくなるとカタチが「死」にます


kado2.jpg
(コーナーのブロック)

過去記事「生命力」では榊の葉を例に 「フォノグラム」と 「生命力を感じさせるカタチ」
の関係を述べました 

そこでは 「生命力」がある元気な葉はフォノグラムのラインが まっすぐ伸びていて
枯れかけている葉は 途中で「渦」をまいてしぼんでしまうということでした

逆に フォノグラムのラインをまっすぐにすれば
「生きた」カタチになるはず
です

修正前
(コーナー周辺にそってフォノグラムを調べてみます 途中で直線ラインが曲線になり
やがて曲線が渦を巻いてしまいます)
渦が消えるように コーナーブロックを修正します
コーナーブロックの「音ムラ」を消せば 周辺のラインは真っ直ぐになっていきます
修正後1

見た目にはさほどの違いはないようですが
全体を包む「気配 雰囲気」がガラリと変わってしまいます

つづく