FC2ブログ

音の壁 

アモーレ3 A_convert_20110801194659


これが これから創る楽器です
アウトライン(外枠)を 実際に音でそろえてあります(A)

見た目にはほとんど同じですが 
アウトラインの音をそろえていない状態のものが
(B)です

違いがわかりますか?
アモーレ3 B_convert_20110801194721

(A)(B) 二つを重ね合わせてみますと場所によっては0.5㎜から1.0㎜ぐらい違います
実際 重ねて見ます
R0015498_convert_20110726223444.jpg
(大きいほうが(B)のほうです まだこれだけ削り足りません)
R0015500_convert_20110726223522.jpg
見た目には ほとんど わからないくらいの暑さの違いですが
音の情報を考慮しますと これだけのわずかな違いが
とてつもなく違ってきます

ここで (A)(B)のフォノグラフがどれだけ違うのか見てみましょう
アモーレ3 フォノグラム 完成_convert_20110801201439

アモーレ3 フォノグラム 完成_convert_20110801202537

これが (A)のフォノグラムです
外側から描かれている等音線は
実際には ぎっしりと中心に向かって敷き詰められています
中央の正方形の格子も一面にわたっています
アモーレB フォノグラム_convert_20110801203345
アモーレB フォノグラム_convert_20110801203406
これが(B)のフォノグラフです
見た目には ほとんど変わらないのに
音の図形はこんなにも違うのです

面白いことに アウトラインを音であわせていない(B)のほうが 
指でこすると 大きな音がしますので
こちらのほうが鳴る楽器になるように思えてしまいます

もっと荒い状態 のこぎりで切った跡が残っているような状態を
こすって音を比べて観ますと 
さらに大きく鳴って聞こえました

これは 音が漏れてしまっている状態ですので
鳴ったとしても 特定の音域に限られてしまうでありましょうし
全体としてしまりのない音になるでしょう

(A)は いわば音の壁を 音自身で築き上げることによって
音の群れを中に閉じ込めている状態です

(A)と(B)は見た目にはほとんど違いがないのですが
フォノグラフでは このようにまったく別物ということがわかります

見た目をコピーする製作法は音響的には
まったくもってナンセンスということになってしまうのです


0.5㎜以下の違いでも フォノグラムでの距離は何メートルにも感じてしまいます
音響的な問題は 誤差何ミリがとてつもない影響として現れてしまうのです

この誤差何ミリの世界で起きる現象がフォノグラムにより捉えることができ
それを制御することが可能なのです

ほんの少しの修正で 全体の性質がガラッと変わってしまいます。
(典型的な非線形問題です)







スポンサーサイト

音を合わせるとは

音を合わせるとはどういうことを意味するのでしょうか?
なにか 物を叩いたり こすったりしますと たくさんの音が混ざっています
混ざっている音を 一つ一つ 聞き取って 何の音が入っているのか
注意深く観察して その音にラベルをつけてみます
たとえば ド(440hz)など。。。
頭の中で フーリエ級数に分解してみるわけです

一番 大きく聞こえる音を 代表的に聞こえる音とします
まずは この代表的に聞こえる音を合わせてみます
かりに すべての代表的な音を合わすことができたとしたら
別の音が目立って聞こえ出します
合わせた音は背景になってしまうので目立たなくなるのです
こうして 順次 そのときの代表に聞こえる音が合うようにしていきます

そうすれば すべての共鳴版の点で 混ざったすべての音がそろうことになります
これが 音をあわせるという意味です

現実には こんなことができるのか?
どうやってやるのか?
などの疑問が出るとお思います

共鳴版のどこかを削れば もちろん全体の共鳴状態が変わるので
その変わった状態を考慮に入れながら音あわせをしていきます

全体をあわせながら部分をあわせる
部分をあわせながら全体をあわせる


ということをしています
それを一削りずつの変化を記載したものが
フォノグラムだと思ってください
(少なくとも今は)

なんとか フォノグラムという現象を 説明してみたいと思いますが
なかなかです。。。。


ホワイトノイズ_convert_20110805020618
なにかを物を叩くといろんな周波数の音が混ざって聞こえます
これは WEB SPECTRUM というソフトでホワイトノイズを録音したものです
ホワイトノイズは すべての周波数を満遍なく含んだものです
その特徴がよく出ています
楽器の各点を音でそろえるというのは
この音響特性のグラフが
すべての点で同じであるということです
そして すべての場所で そのようにすることができるのは
音響特性が ホワイトノイズになるときに限りできる
というのが
私の予想です

またそのことと アウトラインのところでお話した
不動点が一つになるということが同値であることも予想しております

このような予想の数学的定式化と証明も研究内容です



心と体

R0014994_convert_20110806041307.jpg

楽器を 半日も削っていますと
なぜか 声が枯れてしまいます
実際に 声を出してもいないのに枯れてしまうのです
これは 共鳴版を削るときに その音を聞いているため
心の中で 歌ってしまっているからなのです
音を感じて 体で受け止めるだけでも
十分に身体に影響が出るのです
みなさんも心の中だけで半日ぐらい歌い続けてみてください

これは 実際に声を出さなくても
心で思うだけで カラダのほうは声を出せる状態になっているということです
つまり 声を出したのと同じ筋肉の緊張状態が作り出されているため
声を出していないにもかかわらず その緊張状態のために疲労を起こしてしまうのです

例えば心の中で「あ」と思うだけで
体は「あ」を発声することができる身体の形にします
見た目にはわかりませんが 体の緊張状態は大きく変わってしまいます

「音の壁」では見た目にはほとんど区別がつかない
二つの共鳴版が フォノグラフで見るとまるで違う
ということを見ました
音の図形が違うということは
緊張と弛緩の分布が違うということと同じです

このことは人体にもいえます
見た目にはまったく同じに見えても
「あ」と心の中で思っている身体の緊張状態と
「い」と思っている身体の緊張状態とでは
そのフォノグラムはまったく違うのです


人間の体は心で動かそうとするだけでも 緊張状態を作り出し
運動することができるのです

周りからは静止して見えても
実際にはすごい運動状態になっていることもあります

逆に ものすごく精力的に動いているようで
まったく身体内部は動いていないこともあります


心の動きと身体は常に連動しています

ココロが悪いことを思えば
カラダはしんどくなります

ココロが善い事を思えば
カラダは楽になります

というよりもむしろ
カラダが喜ぶことが 善であり
カラダが苦しむことが 悪なのでしょう

生きてさえいれば 誰もが気付く自然の摂理です

ココロがカラダの緊張状態を作り出し
その緊張状態を フォノグラムで書き出します

心の歪みが フォノグラムに現れます

ココロが作り出した良くない緊張状態が長時間続けば
カラダに実際に病気となって現れます

カラダに現れていない未病の段階で病気を叩いてしまえばいいのです

フォノグラムは 心と体をつなぐ現象だともいえます
これが 中国の気の概念に相当するものかはわかりませんが
高い共鳴状態の楽器のフォノグラムと
カラダが気持ちの良い状態のフォノグラムは
一致します
人間の身体は いわば 動く楽器です
声帯のかたちを変化させることによって
いろいろな音を出せます

楽器は自分では変形できません

動的なフォノグラム(身体)
静的なフォノグラム(楽器)

です
sokuho013_1.jpg
(パバロッティー)

疲れている時と元気な時の声が違います

また若者と老人の声も違います

実際にWEB SPECTRUMで周波数成分を調べれば
その違いを見ることができるでしょう



folmant+(a)_convert_20110806043509.png