FC2ブログ

痛むうちは治せます

aaiudhiu.jpg

だれでも 年齢を重ねますと
体のあちこちが 痛み出します

このとき 意識に登っている痛みを取り除くと
今まで気付かなかった 別のところが痛み出すことがあります

意識は 今ある代表の痛みしか 感知しないというわけです
その他の痛みは 無意識下に置かれ 普段は意識に登ることはありません
本当は ものすごく痛いにもかかわらず

人体は 痛みを蓄積する代わりに
感覚を麻痺させることを選ぶようです


痛みを感じなくするわけです

表面にある痛みを消せば 一つ感度が戻ります
一つ感度が戻れば 隠れていた痛みが意識に登ります

こうして 一つずつ 痛みを消していけば
いずれは麻痺していた感覚を取り戻すことが出来ます

麻痺している間は 感覚自体がないので
本人はいたって普通だと思っていますが

蓄積された痛みは無意識下にためられ
あげく 無感動になっていくのです
そしてその変化は非常に緩慢なため
たいていは気付くことができません

毎日起こる緩慢な感覚的自殺

これが老化(大人になる)の正体です



はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします


生命形態における保存則 (1) 奇跡のりんご

kimurapomme.jpg         
   (木村秋則さんの奇跡のりんご)

木村秋則さんは 無農薬でりんごを栽培することに成功しました
それまで 無農薬でりんごを栽培することは 常識的には不可能とされてきました
農薬に「依存しない強い生命力」をりんごから引き出したわけですが
詳しいことは 木村さんの本「奇跡のりんご」を読んでください お薦めです

この木村さんのりんご 何ヶ月も冷蔵庫に入れっぱなしにしても
腐らずに ドライフルーツのようになるらしいです

普通のりんごはどこかの部分が痛み出し そこから腐っていきます

奇跡のりんごと普通のりんご
この二つの違いをフォノグラムを通して考えてみたいと思います

まず奇跡のりんごのフォノグラム *クリックで拡大します


奇跡のりんご

かなり外まで直線ラインが続いています


きせきのりんご

中心からの放射線は全て描いていませんが ぎっしり詰まっています
同心円も同様にぎっしり詰まっています



次に普通のりんご (といってもかなり新鮮です)

普通のりんご

直線ラインがあまり伸びていません
遠くのほうでは ラインの向きがバラバラになっています

ふつうのりんご

内部にも渦があります
まだ新鮮ですが 腐るとしたらここからだろうという予測がつきます
(一応断っておきますが 普通の新鮮なりんごです)


フォノグラムではこれだけの違いが見られます
普通のりんごのフォノグラムが渦になっているところは 
他のところとは 秩序が違うところです
表面の状態が一様ではないため 部分的に崩壊が始まり
腐るところと新鮮なところに分離してしまいます

それに比べて 奇跡のりんごはどうでしょうか?

このりんごのすごいところは 表面の状態が全て一様のため
一様に劣化することが出来ます
全ての部分が一様に同じスピードで歳を取っていくことが出来るのです

全てが一様に同じスピードで歳を取っていけば腐らずに
ドライフルーツのようになるわけです
逆に 場所によって劣化のスピードにムラがあれば
それは腐ってしまいます しかも急激な速度で

「生命力の秘密」は どうもこの辺にありそうです

人間の身体は ある部分だけを筋トレしても
ある限界以上には発達することが出来ません
全体とのバランスをとろうとする無意識の働きがあるからです
この身体の 局部と全体のバランスをとる能力 が人間に備えられていなかったら
どうなるでしょうか?
上のりんごの例のように 状態が一様でない場合
全体としての「生命力」は落ちてしまうでしょう

人体は無意識に ”何か”のバランスが一定になるように
調整しているかのようです
その”何か”のバランスをとるための結果として
怪我や病気があるとしたら それは「生命力」を養うために
必要不可欠な正常な反応ということになります

ここにある種の保存則のようなものが生命体に働いているのが見てとれます
このある種の「保存則」が 俗に言う 「自然治癒力」ではないかと思うのです


「音の対称性」と「生命形態の保存則」が今回のメインテーマです


つづく

関連記事 生命力



はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします

生命形態における保存則 (2) 皮膚膜の役割

b0051109_864220.jpg

わたしは20歳の時に スポーツによる怪我で
両膝を手術しています
手術後 肉体的な能力はもちろん低下してしまいましたが
それ以上に 「何か」が失われたことに気がついていました
その時は その「何か」が何なのかは解りませんでしたが
それを必死で取り戻そうとしていました

普通は その「何か」は非常にゆっくりと失っていくものなので
気付くことはありません
気がついたら歳を取っていたと思うぐらいのことです

わたしは幸か不幸か 怪我することによって
この「何か」を失ったことを自覚することが出来ました
それは 純真さ 快活さ 粘り強さ のになるようなものだと感じていました

*この「何か」を取り戻すために今まで研究をしてきたのかもしれません
 また 怪我をしたことで このような道に進んだのだと思います*

怪我をしたところの組織は固くなってしまいます
当時のわたしは二十歳でしたので 膝以外の組織は柔軟性もあり
またスポーツで鍛えてもいましたから筋力も十分にありました

膝だけが70歳の老人で残りの全身は二十歳という状態です

人間の身体は 無意識に全身のバランスをとる機能が
備わっているという話をしました

身体は 局部だけがその他の組織と比べて機能低下している
ということを どのように知ることができるのでしょうか?
また どのように他の組織と連絡しあい 
筋力のムラを調整しているのでしょうか?

その情報伝達の担い手は「皮膚膜」です
皮膚は 全身を覆っています
なにか膜のようなものの一点をつねってひねりますと
緊張が周囲に伝わったり たわんだりしていくのが観察されます
膜という構造は 局部にかかったストレスを 全体に伝えるのに適しています

もしも人体に皮膚膜がなかったら
部分にかかったストレスを そこだけで受け止めなければならなくなるでしょう
全体との連絡がとれないために 怪我をした部分は固いままで 怪我をしていない部分は
柔軟なままです 
この状態では すぐにまた怪我をしてしまうでしょうし 
いわゆる「本当の病気」の状態です
(ちなみに がんは がん細胞が 周囲の細胞とは無関係に 無限増殖してしまう状態のことです)

平均をとって全体としての構造をマシな状態にするということが出来ません
(なにか 今の社会情勢をみているようですね)

薄い皮膚膜を一枚かぶせるだけで これを回避することが出来るのです
(人間を創った神様「大自然」はすごいな~)

失ってしまった「何か」とは 痛めた膝によって低下した「全身性の機能」でした
「何か」とは「」だということを理解したのはずっと先のことでした


7g0lu8wvm486g5u6_.jpg


つづく


関連記事

 柔和な構造(1)
心と体
楽器制作と東洋医学の接点
痛むうちは治せます


はじめての方へ *本ブログの内容説明



にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
クリック お願いします